作成者別アーカイブ: miyagawa

ネットショップをやりたくても仕入れ先がない!さて、どうするか。

ネットショップをやりたい人が増えています。
というより、昔から「やりたいな。」と思っている方は
多くいらっしゃると思います。

「やりたい!」と思った方がまずネットショップの本を買うと、
成功事例として1億円売り上げた人の話などが出ていますよね。

海苔業者さんとか、籐あみの家具屋さんとか。
時間や場所に縛られないネットショップ。
自分も出来たらいいなぁ、と思います。

ここで一つ問題が発生。

どこで商品を仕入れるの?

まず初心者の方が一番最初に困るのが
「私は何を売ればいいの?どこで仕入れるの?」
という点です。

a1180_001002
※仕入先を見つけるのは一苦労

もし仕入れをするのであれば、
仕入れ先がなければいけません。
じゃ、その仕入先をどう見つけるか。

これが意外に難しいんです。
売る商品があって、売れない悩みは書いてあるけれど、
売る商品を見つけてくる方法がなかなか書いてないんですね。

ネットショップをやりたいなぁ、という人が
結局ネットショップが出来ないのは、
商品の仕入れ先が見つからないのが最大の原因だったりします。

でも、ここで未来のネットショップオーナーになるのを
諦めるのはまだ早いです。
仕入先がない人でも商品を売る方法はいくつかあるんですよ。

仕入先がない人が商品を売る方法

例えばアフィリエイト。
販売会社の商品を紹介して紹介料をいただく仕組みです。

このやり方も魅力的ですが、
困ったことに、自分がショップオーナーではないんですね。
自分は「あの店の商品、いいですよ。」とおすすめする役です。

なので、販売するための魅力的なページを作る、とか
顧客リストの管理をする、というところは学ぶことができません。

次にドロップシッピング。

大手では会員数が40万人いる、
もしもドロップシッピングという仕組みがあります。

ショップを作る点で、だいぶ、というか
ほとんどネットショップっぽいですが、
顧客リストの管理や、受発注は
いい意味でも悪い意味でも、ドロップシッピング任せ。
なのでネットショップの泥臭い裏側を学ぶことができません。

できません、と書くとデメリットのように聞こえますが、
その分、自分のやることをグッと簡略化できるのが
ドロップシッピングのよいところでもあります。

あえて、ドロップシッピングを選ぶ人もいる、
というのは要注目です。
本格的なショップ運営を望まないのであれば、
この方式もありですよね。

ゆくゆくは自分のネットショップをやりたい!という方が
仕入れ先を決めずに、自分で顧客リストの管理や商品の受発注など
そういったネットショップが本来やるべきことを
ほぼ体験したい!という場合。

その方にはTopSellerという仕組みがあります。

TopSellerはドロップシッピングの発展形でもあると言えますし、
ネットショップから商品仕入れ、発送を省いた簡略形とも言えます。

アフィリエイト、ドロップシッピング、TopSellerであれば、
一番ネットショップに近く、ショップ運営経験が積めるのがTopSellerです。

私ってネットショップ運営に向いてるの?は試したほうがいい

ネットショップやりたい!という方が、
実際ショップをスタートしてみると
「思ったより稼げないなぁ。」「思ったより面倒くさいなぁ。」
という気持ちになることがあります。

しかも本格的に仕入れをしてネットショップをしてしまうと
自己投資が大きい分、引くに引けなかったりするんですね。

私は電化製品の在庫の山を抱えて店のスペースの
半分が埋まってしまっているお店にお邪魔したことがありますが、
「うーん。。厳しいなぁ。」とそう思ってしまいました。

もし売れない在庫を抱えて、次に行く資金がなかったとしたら
売れない商品を売るための努力をして
他のビジネスが出来る期間を無駄にしてしまうかもしれませんね。

そういうリスクを避けるために
「私ってネットショップ運営に向いてるの?」
を占うために、実際に少し立ち上げてみる、
というのがおすすめです。

”少し”というのは、”在庫を持たず”
ということです。
でも、本格ネットショップになるべく近づけたい。

これが出来るのがTopSellerです。
TopSellerでうまくいけば、そのまま進んでもいいですし、
ネットショップに切り替えてもいいわけです。

TopSellerも面倒だな、と思ったら
アフィリエイトやドロップシッピングを、
という段階を踏んでみるのもいいですね。

ネットショップをやりたいけれど、
仕入れ先がない!と悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

ライターの独り言

最近、とても寒い日が続きますが、
なぜか春を感じた日がありました。
真冬に春を感じるのはいい兆しだな、と思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数5年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
拙著が好評販売中:ネットセミナーのはじめ方

8月お盆を過ぎるとなぜおでん?冷やし中華とおでんの意外な相関関係

みなさん、こんにちは!

7月末にローソンがおでんを売り出した、というニュースを聞き、
季節商品の動向に参考になるかも、ということで
「アイスクリームは20℃で売れ」(石川勝敏著、成美出版)
「コンビニでは、なぜ8月におでんを売り始めたのか」(石川勝敏著、扶桑社新書)
の2冊の本を読んでみました。

おでんの季節はお盆明けから
※おでんの季節はお盆明けからスタート!

途中まで読んで、「おぉ、違う本なのに同じことを言っている!」と
驚いていましたが、同じ著者だったというオチはありますが。。
本を読んで検証をしてみましたよ、というところまでお伝えします。

■消費行動は「昇温期」「降温期」で変わる
2月末から夏のだんだん気温が上がる時期を「昇温期」
8月末から冬のだんだん気温が下がる時期を「降温期」
と石川さんは名づけています。

四季でマーケティングをしているところが多いが
2つの区別でいいんだ、と言い切っています。

お盆を過ぎたらおでん、肉まんが売れるのは
コンビニ界の常識らしく
そのため、7月末におでんを売りはじめたローソンが
ニュースになっていました。

少し夜涼しくなってきた今は
「おでんもありかな。」と思いませんか?

■おでんが検索されはじめるのはいつ?
本当におでんって夏に売れるの?と思い
グーグルトレンドで検証をしてみます。

おでんの検索動向

すると昨年は8月25日~8月31日から
おでんの検索が急上昇しているんですね。
お盆を過ぎるころにおでんだ!と思う人が多いわけです。

うがった見方をすると、
この季節におでんをコンビニのCMで流し始めたから、
とも思ってしまいますが、
やはり自然に少し気温が低くなり始め
おでんが食べたいな、と思った方が検索をした
と考えるのがよさそうです。

真冬にあったかいおでん、と思っていたら、
少しでも気温が低くなったら食べたくなり、
11月をピークに少しずつ、下がっていきます。
特に年末クリスマス直前で急降下。
年末、おでんをゆっくりと、という状況でもないか、
ということでしょうけど面白い結果だと思います。

人は温度に敏感なんですね。

■冷やし中華はどう売れる?
冷やし中華は夏の食べ物、と思われがちですが、
売れるのは湿気の多いシーズンです。

2月からスーパーなどの店頭に並ぶそうですが、
「たしかに今冷やし中華を食べたい、とは言えないなぁ」
と思うわけです。

とはいえ独りよがりはいけないので
こちらも検証してみましょう。
冷やし中華をグーグルトレンドで検索。

冷やし中華の検索動向

すると真夏の盛りより少し前、の7月7日~13日がピーク、
という結果に。

梅雨明け後急速に興味が失われていくのが
わかりますね。
特にお盆の時期から急落。

まるで冷やし中華からおでんに
バトンを渡したかのような結果となりました。

2月から売れ始めますよ~、もグラフから分かりますね。

湿気が関係してそうですが、もっと大きくまとめると
石川さんの行っている「昇温期」商品、というのがわかります。

■なぜそうなるか。
なぜそうなるかについて石川さんは、
昇温期は味のあっさりした涼しい味の薄目のもの、
降温期は身体を保温する暖かい味の濃い目のもの、
を欲すると書いています。

確かに言われてみればそうだなぁ、と思う方も、
売れ始めが冷やし中華は2月、おでんは8月という
季節感を知っておいても損はないかと思います。

■他の季節ものに応用
秋冬の定番商品、毛布が売れはじめるのは9月から、ということですが
それも保温に対する防御本能と考えるとわかりやすいですね。
特に高齢の方は降温期の温度の変化に敏感だそうです。

個人的には「9月に毛布を買わなくても」と思うのですが、
もしかすると年齢層高めの人から、購入傾向があるかもしれません。

石川さんの本を読んで面白いなぁ、と思ったのが
一度昇温、降温のスイッチが入ったらその方向に動き続ける、
というところです。

確かに桜の花は開花しはじめると、どんな状況でも咲いてしまいますが、
それと同じなんですね。

ここで、長年私が疑問に思っていた
春と秋で同じ気温なのになぜ商品動向が違うのだろう、というところも
腑に落ちるような気がします。

冷やし中華に着目してグーグルトレンドでよく見てみると
6月と9月を比べると、6月のほうが気温が低いにもかかわらず
冷やし中華は検索されています。

ちなみに東京都 東京の気温、降水量、観測所情報
http://weather.time-j.net/Stations/JP/tokyo
によると
6月の平均気温は22.1℃、9月は23.8℃あります。

湿度があって体感温度が6月のほうが高いからかもしれませんが、
9月には冷やし中華よりおでんなわけです。

「冷やし中華って暑い時期に食べるもの」
という一言だけでは語れない、
昇温傾向にあるのか降温傾向にあるのかが、関係している、と考えると
季節商品の捉え方も奥が深いな、と思います。

この「昇温期」「降温期」の考え方を
みなさんの季節商品ショップにも活かしてみてはいかがでしょうか。

ライターの独り言

おでんの写真を探してから、おでんが無性に食べたくて仕方がありません。
食欲の秋、恐るべしですね。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数4年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
ネット動画配信に関しての本が間もなく発売ですよ!

デパート

デパートと夏物商品の売れ行きで見る今年の後半戦は・・・

みなさん、こんにちは。

夏らしい気温になりつつありますが、
まだまだ夜には涼しい風が吹き、
気持ちがいいなぁ、と思いながら街を歩いている今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか。

先日、博多、広島とドロップシッピングのセミナーに
行ってまいりました。

私は全国の都市を回る時はいつも
定点観測の地点としてデパートにも必ず立ち寄るようにしています。

量販店などにお客様が流されている傾向があるにしても、
その都市の中心街のデパートの活況を見ていると、
勢いというものを透かし見れるような気がするからです。

特に楽しみなのが生鮮、いわゆるデパ地下ですが、
そのほか、高級陶器や衣料品など、どんなものが扱われているかなど
一通り上から下まで見て回ります。

もちろんそこだけ見ても、と思われる方も
いらっしゃるかと思います。
まぁ、ここは仕事ではなく趣味の領域なので
許してください。

きっとサザエさん一家のように、
子供のころにデパートに連れてってもらって
喜んでいた時代を思い出したいのでしょう。

全国百貨店協会って知ってますか?

ところで、みなさんは”全国百貨店協会”をご存知でしょうか?

統計情報なので少し遅めですが、
全国百貨店の売上高推移を見ることが出来ます。

大きな消費動向の一つの目安として
目を通しておくことをおすすめします。

全国百貨店協会売上高推移
http://www.depart.or.jp/common_department_store_sale/list

全国百貨店の動向として
5月は4月に続いて消費税の反動で前年比マイナスですが、
急速に回復していることが見て取れます。
(4月-12% 5月-4.2%)

あまり急速だと消費税が10%に。。
と思いつつも、景気がよくなる、というのは
単純にはいいことですね。

現場の店員さんに聞く景気動向

実際のデパートの店員さんの生の声を聞くと
場所によってまちまちな答えが返ってきます。

伊勢丹新宿店の店員さんのお話では、
「増税前の混雑を避けてくるお客様もいて、お陰様で。。」
とあまり増税後もダメージがない様子。
ただ全体には特に地方で大きなマイナスだったとか。

増税という「混雑を避けて」という優雅なお客さん層に驚かされました。
さすが売上高世界一と言われるデパートなだけありますね。

中高年にターゲットを絞って大好評な商品

ところで。

そんなデパートに置いてある商品で
中高年向けのゆったりした下着、ということで
大人気なのが、ワコールのグラッピーです。
http://www.wacoal.jp/gra-p/

家内がとても気に入っているのですが、
7月に夏物を、と呑気に買いに行くといつも売り切れてしまいます。
「今年は6月上旬に予約しよう!」ということになりました。

昨年の売り切れよりだいぶ早く電話をしていたはずですが、
一旦5月で売り切れになってしまったとのこと。
予約を取ってやっと増産分を手に入れることが出来ました。

「消費税の反動が全くない商品なのか!」
と驚いてしまいました。

実際には初回出荷量を減らしたのかもしれないし、
全体感は見えづらいところもあります。
ただ結構な売れ行きなんだな、ということはわかります。
 
この下着の使用感は他では味わえないものとか。
(私は味わっていませんが。)
機能だったり、サイズだったり、他にはないものであれば、
増税にも負けない販売力がある、といういい見本なのかな、と思います。

何か他と違ったもの、心地いいものを買いたいという気持ちは、
増税の反動にも勝る、ということですね。

総じて考えてみるに今年後半は。。

1月の日本経済新聞の記事で、増税後に買い控えるものの1位として
衣料品が挙がっていました。

百貨店の売上推移から。
デパートの店員さんから。
ある商品の売上動向から。

いろいろな方面からその反動を取り戻しつつある声が聞こえます。

今年の後半戦、秋冬の売上には大いに期待できると思います。
今からしっかりショップを作りこんでいきましょう。
そして少し差別化されたよいものを、といきたいですね。

ライターの独り言

全国百貨店推移で唯一5月マイナスでなかったのが大阪。
阪急百貨店などの増床が要因のようです。
再来週そちらに向かうので今から楽しみです。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数4年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

ケンタッキーに見るおひとり様向けアップセル計画

みなさん、こんにちは。

春のお花見、どこに行かれましたか?
私は千鳥ヶ淵ー靖国神社コースを2回。毎年の決まりです。
北の方の方はこれからが楽しみですね。

さて、今回は大好物のケンタッキーを題材に
アップセルについて考えてみます。


誕生日にはケンタッキーのならわし / Norio.NAKAYAMA

アップセル
より高価な商品・サービスを売ること。ある商品の購入者や購入希望者に対して,
その上位にあたる商品を推薦して,販売に繋(つな)げること。アップ-セリング。
コトバンクより
http://kotobank.jp/

ケンタッキー好きで仕方がない私としては
衝撃的なセットがこの春発売になりました。

「1000円いいとこどり」パックです。

内容はというと
「オリジナルチキン」3ピース
「ビスケット」1個
「フライドポテト(S)」1個
「フライドフィッシュ」1個

基本のチキンを押さえてサイドメニュー3種を添えた
夢のようなセットです。

この盛りだくさんなセット内容、
15歳ではじめてケンタッキーでバイトを経験
(時給は550円でした。)してから四半世紀(!)におよび
ケンタッキーファンである私としては
素晴らしく隙のない史上最強のセットに思います。

CMを見た瞬間「買いに行こう!」と
思っていたのですが
お客さん先の仕事を手伝い、日々遅く
仕事から帰るとケンタッキーは閉店。。
というわけで、ようやく先週末にゲットできました。

ケンタッキーの扱うセットのバリエーションですが
他の1000円以下のセットメニューだとサイドメニューは2個、
もしくは1000円を超えるファミリー向けの6ピースパックなどです。

今までのケンタッキーのセットは
こちらが立てばあちらが立たない、という
もどかしいセットばかりだったのです。

で、ここでこの話をしているのは
「是非このセットを買ってみてね、おいしいよ。」
というわけではなくて。

一緒に考えてみたいのはこのセットの目指しているところです。

この1000円の商品が目指しているのは
いわゆるラーメンで言うところの全部乗せ。
ターゲットはずばり「おひとりさま」向けです。

なぜってチキンの数は割り切れないし、
サイドメニューも1種類ずつ3種だからです。
これを1個買って2人で仲良く分けようね、という
こともないでしょう。

もしそういう目的なら
他の4ピースや6ピースパックなどのメニューの方が
公平で喧嘩にもならないでしょう。

従来ケンタッキーの一人向けのセットメニューですが、
1000円未満のものばかりでした。
はじめて今回大台に乗せたわけです。

今日はチキンにしようかな~、というおひとりさまに
オーダー1つで1000円の売上を達成してしまいます。

世間では吉野家、すき屋、松屋の牛丼戦争が
大きく取り上げられ、30円の開きがあるだとか、
サラダとセットだと2円安いので、このセットは嬉しい、とか
そういった安さを求める報道もありますが、
一方で着実にアップセルをしているところもあるわけです。

例えば普段のランチは牛丼でも、
週末ビールを飲みながら、だとこちらがいいかもしれない。

ネット通販の需要も徹底的に安くしたい日常生活と
1000円セットいいね~、と少しだけ高いものを頼む時と
需要のぶれは2極化していくような気がしています。

でも決して「高い!」というほど高くはないのもポイントです。
最安値、というところではなく極上でなくてもいいので少し他よりいい。
大好きなケンタッキーを食べながらこんな層にアピールする少しいい商品も
「ありだなぁ。」とふと思いました。

ライターの視点

一時ファミリーマートのプレミアムチキンに浮気をしたりしましたが、
やっぱりケンタッキーだなぁ、と思う今日この頃。

そういえばアメリカのケンタッキーフライドチキンは
ヤム・ブランズ傘下。ご存知でしたか?

私も元から知っていたわけではなくて
”トレーラーハウスから巨大企業の社長になった、幸運な私”という
現会長ディビット・ノバック氏の本を
たまたま読んだから知っているわけなんですが、
世界はまだまだ広いなぁ、と思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

日本のデオドラント志向はますます加速。この夏ブームに乗ってみよう!

デオドラント。

Wikipedeiaでは
体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりする薬剤。
と定義されています。

昨日、東京は暖かく小春日和で
都営銀座線も冷房が効いている(!)くらいだったので
汗だくな中、こんな記事が出ていたので気になりました。

“加齢臭市場”が活況 下着、芳香剤…日用品や衣料分野にも拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000003-fsi-bus_all
(もし気温に応じて記事を出したりしていたら、
 大したものですね。そういうこともあるんですかね。)

古来からお香を焚き染めたり、匂い袋を持ち歩いたり、
最近でも柔軟剤も香り付きのものが好調らしいですが、
基本的には日本人は無臭好きなほうでは、と思います。

香水などをつけると寿司屋で嫌な顔をされる、といった
話しもあるくらいですから。

最近では、部屋で香りを楽しむ
リードディフューザーも流行りつつありますよね。
(アロマオイルに棒を挿すあれです。検索してみてください。)

このリードディフューザー、一生懸命デパートなどで
宣伝をしていますが、常にアロマオイルが必要で
固定経費が増えるこの仕組みが日本に定着するかひそかに注目しています。

部屋だとアロマオイルがどんどん減るので、
我が家ではトイレに置かれることになりました。

ちなみに現時点で
リードディフューザー  2,400
アロマディフューザー 27,100
です。

アロマディフューザー、人気あるな~、と再認識。

たまにアロマキャンドルなど
たまにアロマキャンドルなど / Yuichiro Haga

話しが臭いから匂いにずれました。
元の話に戻して、デオドラントについです。

何と言っても難しいのが臭いは
自分では気が付きにくい、というところです。

どうやって自分の臭いを知るのかな、と思い、
キーワードプランナーを使って検索してみると
体臭 チェック 1,900
口臭 チェック 5,400
といったキーワードから「私、大丈夫?」という思いが透かし見れます。
(本当にデオドラントしてほしい人が実は無神経だったりしますけども。。)

デオドラント製品が流行る背景には
震災以後の節電、夏の高温化など、汗をかく機会が増えたこともあるかと思います。

数年前にはあった震えるほど寒くクーラーの効いた店、
というのが最近は少なくなっていますよね。
夏場はとくにじんわり汗をかいて汗臭くなりやすい傾向があります。

高齢化、高温化、節電、清潔化などを背景に
デオドラント志向はますます強くなりそうです。

自分でははっきりわからない「もしかしたら臭いかも」を
制するこれらの商品、これから夏にかけて扱ってみてはいかがでしょうか。

ライターの視点

2月28日の日経夕刊に
”作り立ての香り 長持ち”という小記事が1面掲載されていました。

ナノサイズの泡に香りを封じ込める、という
京大での研究の話でしたが、制汗剤などにも応用できそうですね。
ここまで来たらとことんやってほしいと思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。