カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

デパート

デパートと夏物商品の売れ行きで見る今年の後半戦は・・・

みなさん、こんにちは。

夏らしい気温になりつつありますが、
まだまだ夜には涼しい風が吹き、
気持ちがいいなぁ、と思いながら街を歩いている今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか。

先日、博多、広島とドロップシッピングのセミナーに
行ってまいりました。

私は全国の都市を回る時はいつも
定点観測の地点としてデパートにも必ず立ち寄るようにしています。

量販店などにお客様が流されている傾向があるにしても、
その都市の中心街のデパートの活況を見ていると、
勢いというものを透かし見れるような気がするからです。

特に楽しみなのが生鮮、いわゆるデパ地下ですが、
そのほか、高級陶器や衣料品など、どんなものが扱われているかなど
一通り上から下まで見て回ります。

もちろんそこだけ見ても、と思われる方も
いらっしゃるかと思います。
まぁ、ここは仕事ではなく趣味の領域なので
許してください。

きっとサザエさん一家のように、
子供のころにデパートに連れてってもらって
喜んでいた時代を思い出したいのでしょう。

全国百貨店協会って知ってますか?

ところで、みなさんは”全国百貨店協会”をご存知でしょうか?

統計情報なので少し遅めですが、
全国百貨店の売上高推移を見ることが出来ます。

大きな消費動向の一つの目安として
目を通しておくことをおすすめします。

全国百貨店協会売上高推移
http://www.depart.or.jp/common_department_store_sale/list

全国百貨店の動向として
5月は4月に続いて消費税の反動で前年比マイナスですが、
急速に回復していることが見て取れます。
(4月-12% 5月-4.2%)

あまり急速だと消費税が10%に。。
と思いつつも、景気がよくなる、というのは
単純にはいいことですね。

現場の店員さんに聞く景気動向

実際のデパートの店員さんの生の声を聞くと
場所によってまちまちな答えが返ってきます。

伊勢丹新宿店の店員さんのお話では、
「増税前の混雑を避けてくるお客様もいて、お陰様で。。」
とあまり増税後もダメージがない様子。
ただ全体には特に地方で大きなマイナスだったとか。

増税という「混雑を避けて」という優雅なお客さん層に驚かされました。
さすが売上高世界一と言われるデパートなだけありますね。

中高年にターゲットを絞って大好評な商品

ところで。

そんなデパートに置いてある商品で
中高年向けのゆったりした下着、ということで
大人気なのが、ワコールのグラッピーです。
http://www.wacoal.jp/gra-p/

家内がとても気に入っているのですが、
7月に夏物を、と呑気に買いに行くといつも売り切れてしまいます。
「今年は6月上旬に予約しよう!」ということになりました。

昨年の売り切れよりだいぶ早く電話をしていたはずですが、
一旦5月で売り切れになってしまったとのこと。
予約を取ってやっと増産分を手に入れることが出来ました。

「消費税の反動が全くない商品なのか!」
と驚いてしまいました。

実際には初回出荷量を減らしたのかもしれないし、
全体感は見えづらいところもあります。
ただ結構な売れ行きなんだな、ということはわかります。
 
この下着の使用感は他では味わえないものとか。
(私は味わっていませんが。)
機能だったり、サイズだったり、他にはないものであれば、
増税にも負けない販売力がある、といういい見本なのかな、と思います。

何か他と違ったもの、心地いいものを買いたいという気持ちは、
増税の反動にも勝る、ということですね。

総じて考えてみるに今年後半は。。

1月の日本経済新聞の記事で、増税後に買い控えるものの1位として
衣料品が挙がっていました。

百貨店の売上推移から。
デパートの店員さんから。
ある商品の売上動向から。

いろいろな方面からその反動を取り戻しつつある声が聞こえます。

今年の後半戦、秋冬の売上には大いに期待できると思います。
今からしっかりショップを作りこんでいきましょう。
そして少し差別化されたよいものを、といきたいですね。

ライターの独り言

全国百貨店推移で唯一5月マイナスでなかったのが大阪。
阪急百貨店などの増床が要因のようです。
再来週そちらに向かうので今から楽しみです。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数4年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

ケンタッキーに見るおひとり様向けアップセル計画

みなさん、こんにちは。

春のお花見、どこに行かれましたか?
私は千鳥ヶ淵ー靖国神社コースを2回。毎年の決まりです。
北の方の方はこれからが楽しみですね。

さて、今回は大好物のケンタッキーを題材に
アップセルについて考えてみます。


誕生日にはケンタッキーのならわし / Norio.NAKAYAMA

アップセル
より高価な商品・サービスを売ること。ある商品の購入者や購入希望者に対して,
その上位にあたる商品を推薦して,販売に繋(つな)げること。アップ-セリング。
コトバンクより
http://kotobank.jp/

ケンタッキー好きで仕方がない私としては
衝撃的なセットがこの春発売になりました。

「1000円いいとこどり」パックです。

内容はというと
「オリジナルチキン」3ピース
「ビスケット」1個
「フライドポテト(S)」1個
「フライドフィッシュ」1個

基本のチキンを押さえてサイドメニュー3種を添えた
夢のようなセットです。

この盛りだくさんなセット内容、
15歳ではじめてケンタッキーでバイトを経験
(時給は550円でした。)してから四半世紀(!)におよび
ケンタッキーファンである私としては
素晴らしく隙のない史上最強のセットに思います。

CMを見た瞬間「買いに行こう!」と
思っていたのですが
お客さん先の仕事を手伝い、日々遅く
仕事から帰るとケンタッキーは閉店。。
というわけで、ようやく先週末にゲットできました。

ケンタッキーの扱うセットのバリエーションですが
他の1000円以下のセットメニューだとサイドメニューは2個、
もしくは1000円を超えるファミリー向けの6ピースパックなどです。

今までのケンタッキーのセットは
こちらが立てばあちらが立たない、という
もどかしいセットばかりだったのです。

で、ここでこの話をしているのは
「是非このセットを買ってみてね、おいしいよ。」
というわけではなくて。

一緒に考えてみたいのはこのセットの目指しているところです。

この1000円の商品が目指しているのは
いわゆるラーメンで言うところの全部乗せ。
ターゲットはずばり「おひとりさま」向けです。

なぜってチキンの数は割り切れないし、
サイドメニューも1種類ずつ3種だからです。
これを1個買って2人で仲良く分けようね、という
こともないでしょう。

もしそういう目的なら
他の4ピースや6ピースパックなどのメニューの方が
公平で喧嘩にもならないでしょう。

従来ケンタッキーの一人向けのセットメニューですが、
1000円未満のものばかりでした。
はじめて今回大台に乗せたわけです。

今日はチキンにしようかな~、というおひとりさまに
オーダー1つで1000円の売上を達成してしまいます。

世間では吉野家、すき屋、松屋の牛丼戦争が
大きく取り上げられ、30円の開きがあるだとか、
サラダとセットだと2円安いので、このセットは嬉しい、とか
そういった安さを求める報道もありますが、
一方で着実にアップセルをしているところもあるわけです。

例えば普段のランチは牛丼でも、
週末ビールを飲みながら、だとこちらがいいかもしれない。

ネット通販の需要も徹底的に安くしたい日常生活と
1000円セットいいね~、と少しだけ高いものを頼む時と
需要のぶれは2極化していくような気がしています。

でも決して「高い!」というほど高くはないのもポイントです。
最安値、というところではなく極上でなくてもいいので少し他よりいい。
大好きなケンタッキーを食べながらこんな層にアピールする少しいい商品も
「ありだなぁ。」とふと思いました。

ライターの視点

一時ファミリーマートのプレミアムチキンに浮気をしたりしましたが、
やっぱりケンタッキーだなぁ、と思う今日この頃。

そういえばアメリカのケンタッキーフライドチキンは
ヤム・ブランズ傘下。ご存知でしたか?

私も元から知っていたわけではなくて
”トレーラーハウスから巨大企業の社長になった、幸運な私”という
現会長ディビット・ノバック氏の本を
たまたま読んだから知っているわけなんですが、
世界はまだまだ広いなぁ、と思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

日本のデオドラント志向はますます加速。この夏ブームに乗ってみよう!

デオドラント。

Wikipedeiaでは
体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりする薬剤。
と定義されています。

昨日、東京は暖かく小春日和で
都営銀座線も冷房が効いている(!)くらいだったので
汗だくな中、こんな記事が出ていたので気になりました。

“加齢臭市場”が活況 下着、芳香剤…日用品や衣料分野にも拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000003-fsi-bus_all
(もし気温に応じて記事を出したりしていたら、
 大したものですね。そういうこともあるんですかね。)

古来からお香を焚き染めたり、匂い袋を持ち歩いたり、
最近でも柔軟剤も香り付きのものが好調らしいですが、
基本的には日本人は無臭好きなほうでは、と思います。

香水などをつけると寿司屋で嫌な顔をされる、といった
話しもあるくらいですから。

最近では、部屋で香りを楽しむ
リードディフューザーも流行りつつありますよね。
(アロマオイルに棒を挿すあれです。検索してみてください。)

このリードディフューザー、一生懸命デパートなどで
宣伝をしていますが、常にアロマオイルが必要で
固定経費が増えるこの仕組みが日本に定着するかひそかに注目しています。

部屋だとアロマオイルがどんどん減るので、
我が家ではトイレに置かれることになりました。

ちなみに現時点で
リードディフューザー  2,400
アロマディフューザー 27,100
です。

アロマディフューザー、人気あるな~、と再認識。

たまにアロマキャンドルなど
たまにアロマキャンドルなど / Yuichiro Haga

話しが臭いから匂いにずれました。
元の話に戻して、デオドラントについです。

何と言っても難しいのが臭いは
自分では気が付きにくい、というところです。

どうやって自分の臭いを知るのかな、と思い、
キーワードプランナーを使って検索してみると
体臭 チェック 1,900
口臭 チェック 5,400
といったキーワードから「私、大丈夫?」という思いが透かし見れます。
(本当にデオドラントしてほしい人が実は無神経だったりしますけども。。)

デオドラント製品が流行る背景には
震災以後の節電、夏の高温化など、汗をかく機会が増えたこともあるかと思います。

数年前にはあった震えるほど寒くクーラーの効いた店、
というのが最近は少なくなっていますよね。
夏場はとくにじんわり汗をかいて汗臭くなりやすい傾向があります。

高齢化、高温化、節電、清潔化などを背景に
デオドラント志向はますます強くなりそうです。

自分でははっきりわからない「もしかしたら臭いかも」を
制するこれらの商品、これから夏にかけて扱ってみてはいかがでしょうか。

ライターの視点

2月28日の日経夕刊に
”作り立ての香り 長持ち”という小記事が1面掲載されていました。

ナノサイズの泡に香りを封じ込める、という
京大での研究の話でしたが、制汗剤などにも応用できそうですね。
ここまで来たらとことんやってほしいと思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

[事務局] TopSeller早期登録キャンペーンを開始しました!

本日、TopSeller月額利用料を公表させて頂きました!

2月末までにプラン登録を済ませて頂くと、3月中は無料&その後ず~~~っと優遇価格にてTopSellerをご利用いただけます!
3月1日から定価に戻ってしまいますので、忘れずにプラン登録をお済ませください。

■TopSeller
https://top-seller.jp/

一見、どのプランにしようか迷ってしまうと思いますが、選び方は、実はとってもカンタンなのです。ここでは、迷わずプランをお選び頂けるように、あなたにピッタリの料金プランを解説させていただきます。

楽天市場ストアを運営されている方

楽天メガショップ(商品数制限なし)を契約の方

迷わず「TopSellerプレミアムプラン&楽天パック」を選択し、楽天メガショップの機能をフル活用しましょう!

楽天スタンダード(商品数制限20,000点)を契約の方

「TopSellerスタンダードプラン&楽天パック」がおすすめです。20,000点の枠を余してしまったらもったいないので、上限一杯に商品を埋めてしまいましょう!

楽天がんばれ・ライト(商品数制限5,000点)を契約の方

「TopSellerミニマムプラン&楽天パック」がおすすめです。

Yahooショッピングストアを運営されている方

プロフェッショナル出店契約(ストアマネジャー)の方

迷わず「TopSellerミニマムプラン&ヤフーパック」を選択し、Yahooショッピングの最大のメリットである「出品数無制限」を最大限に活かして、大規模に商売してください!

個人向けライト出店契約の方

「TopSellerミニマムプラン&ヤフーパック」がおすすめです。ミニマムプランは5,000商品ながら多彩で商品がいっぱい! 自分の思うがままのショップを作りましょう!

MakeShopストアを運営されている方

プレミアムショップ契約(商品数制限10,000点)の方

「TopSellerスタンダードプラン&MakeShopパック&MakeShopデータ自動同期」がおすすめです。豊富な約3万点から選択した商品で、お客様に満足頂ける品揃えを実現!

ビジネス・フリーショップ契約(商品数制限30~100点)の方

「TopSellerミニマムプラン&MakeShopパック」がおすすめです。初めて自分のショップを持つ方、運営コストを極力おさえたい方向け。

TopSellerの詳細はこちらから↓

いかがでしたでしょうか。
契約するプランはお決まりになりましたか?

ぜひTopSellerご活用くださいね!

■TopSeller
https://top-seller.jp/

topseller

日経新聞1面から読み取る2014年を占うネットショップ最新動向

日経新聞の1面にネット販売に関する記事を
目にする機会が増えてきました。

新年への目標を立てらてた方が多いかと思いますが、
目標達成には辺りをよく見まわすことも大切ですよね。

遠い将来、とまではいかないにしても
2014年のネット通販像が透かし見れるような記事と
目を惹くキーワードをいくつか紹介しようと思います。

1面記事から傾向を読み取る

増税で売れなくなるものは何?

================
1月5日(日)日本経済新聞朝刊1面より
================
・増税「影響 限定的」52%
・セールで対策が33%、実施しないはわずか5%
 残り62%は未定も競合を見極め
・増税後にどんな商品の購入を控えるか
 衣料、服飾雑貨、菓子、家具・インテリア。。。
・「衣料品など不要不急の商品は買い控えが起きそう」
================

この記事から考えると
・3月末までの駆け込み需要は上記「不要不急」商品が1つの核となる
・4月以降は何等かのセールを実施すべき
といったことが読み取れる、もしくは推論できるかと思います。

少し意外だったのは
・買い控えするものの順位が単価が高いから、というわけではない
というところです。
年度末には保存の効く菓子、飲み物が大量に購入されるケースも
ありそうだな、ということです。

ちなみに増税後の影響は半年以内、と想定している小売りが
多いことを合わせて考えると、
売上は年度末までと秋以降に期待でき、
消費税増税後半年は低調、と読み取れます。

今から年度末までに勝負に出るだけの準備が出来ない方は
購買力が回復する秋以降に勝負をかける、というのも1つの方法かと思います。
企業の業績動向によっては、昨年末に引き続き
来年末の売上も思った以上に期待できるかもしれませんね。

とはいえ、景気は気分で決まるもの。
今の気分は「影響ないよ!」という元気な雰囲気ですが、
実際はふたを開けてみないとわからないのでしょうね。

カード払い増加は中小ネットショップにもプラス

================
1月10日(金)日本経済新聞夕刊1面より
================
・個人マネー、ネットで動く
・通販好調クレジット決済増加
・「13年はカード決済総額のうち、ネット通販決済が初めて
  1割を超えたもよう」
・即日配送などネット通販のサービスが向上し、
 インターネット通販でのカード利用者が増えている
================
ネット通販でのカード払いが伸びています。
ネットの販売サイトの支払いへのハードルが下がっている、とも読み取れます。
(必ず着払い、という方もいらっしゃいますが、
 ここでは全体の傾向としてのお話です。)

通販当初は「信用していいのかしら?」という気持ちを
少なからず持つ方が多いかと思いますが、
必要なものを見つけたら購入、の流れが定着しつつあるわけです。

ちなみにネットショップの購入回数と購入金額は
相関関係があるようです。
最初はちゃんと届くかドキドキしながら少額のものを買っていた方も、
だんだんと回数を重ねるうちに購入額が増えていく、とのこと。

カード払いがより利用されるようになってきている、ということは
楽天やAmazonなどの通販最大手だけではなく、
中小のネットショップからのカード購入も抵抗がなくなってきている、と
そう私は読み取りました。みなさんのショップにもきっとプラスに働くはずです。

ネット通販でも後払い可能に。ただし懸念点も

================
1月12日(日)日本経済新聞朝刊1面より
================
・ネット通販、後払いで商品確認後返品も容易に
・後払いによりカードのネット決済を敬遠する消費者が
 購入を増やすきかっけになる。
================
ヤマトホールディングスは受け取った商品を確認後に
代金を払えるサービスを今月から開始する、とのことで
決済方法の新システムとして急拡大する可能性があります。

見てから買う、という仕組みはリアルな店舗での購入に近い
大変素晴らしい仕組みですが、購入者側の良心も必要です。

後払いでたくさんの商品を取り寄せて家で比較し
一番気に入ったもの以外は返品、とされると
通販業者としてはたまったものではありませんよね。

また支払いが後になることで、購入代金をなかなか期限までに
納めない人に対する対策も必要になりますから、
回収代行業者などの業務が拡大しそうです。

このあたりおそらく大半の人が健全なネット通販利用者であることが
予想されますが、懸念事項でもあります。

ライターの視点

ネット通販への流れ、依存度がますます強まる中、
2014年自分のショップはここまで行きたい!という気持ちを強く持っていただければ、と思います。
思いは力に変わりますので。

増税前の買いだめについてですが、大量に買ったものは大量に消費してしまい、
買いだめはあまり意味がない、というのが自論ではあります。
以前、チョコレートが安い!と大量買いしたところ、瞬く間に食べてしまったことがありました。。
買いだめはほどほどがよろしいようです。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。