カテゴリー別アーカイブ: TopSeller

ネットショップをやりたくても仕入れ先がない!さて、どうするか。

ネットショップをやりたい人が増えています。
というより、昔から「やりたいな。」と思っている方は
多くいらっしゃると思います。

「やりたい!」と思った方がまずネットショップの本を買うと、
成功事例として1億円売り上げた人の話などが出ていますよね。

海苔業者さんとか、籐あみの家具屋さんとか。
時間や場所に縛られないネットショップ。
自分も出来たらいいなぁ、と思います。

ここで一つ問題が発生。

どこで商品を仕入れるの?

まず初心者の方が一番最初に困るのが
「私は何を売ればいいの?どこで仕入れるの?」
という点です。

a1180_001002
※仕入先を見つけるのは一苦労

もし仕入れをするのであれば、
仕入れ先がなければいけません。
じゃ、その仕入先をどう見つけるか。

これが意外に難しいんです。
売る商品があって、売れない悩みは書いてあるけれど、
売る商品を見つけてくる方法がなかなか書いてないんですね。

ネットショップをやりたいなぁ、という人が
結局ネットショップが出来ないのは、
商品の仕入れ先が見つからないのが最大の原因だったりします。

でも、ここで未来のネットショップオーナーになるのを
諦めるのはまだ早いです。
仕入先がない人でも商品を売る方法はいくつかあるんですよ。

仕入先がない人が商品を売る方法

例えばアフィリエイト。
販売会社の商品を紹介して紹介料をいただく仕組みです。

このやり方も魅力的ですが、
困ったことに、自分がショップオーナーではないんですね。
自分は「あの店の商品、いいですよ。」とおすすめする役です。

なので、販売するための魅力的なページを作る、とか
顧客リストの管理をする、というところは学ぶことができません。

次にドロップシッピング。

大手では会員数が40万人いる、
もしもドロップシッピングという仕組みがあります。

ショップを作る点で、だいぶ、というか
ほとんどネットショップっぽいですが、
顧客リストの管理や、受発注は
いい意味でも悪い意味でも、ドロップシッピング任せ。
なのでネットショップの泥臭い裏側を学ぶことができません。

できません、と書くとデメリットのように聞こえますが、
その分、自分のやることをグッと簡略化できるのが
ドロップシッピングのよいところでもあります。

あえて、ドロップシッピングを選ぶ人もいる、
というのは要注目です。
本格的なショップ運営を望まないのであれば、
この方式もありですよね。

ゆくゆくは自分のネットショップをやりたい!という方が
仕入れ先を決めずに、自分で顧客リストの管理や商品の受発注など
そういったネットショップが本来やるべきことを
ほぼ体験したい!という場合。

その方にはTopSellerという仕組みがあります。

TopSellerはドロップシッピングの発展形でもあると言えますし、
ネットショップから商品仕入れ、発送を省いた簡略形とも言えます。

アフィリエイト、ドロップシッピング、TopSellerであれば、
一番ネットショップに近く、ショップ運営経験が積めるのがTopSellerです。

私ってネットショップ運営に向いてるの?は試したほうがいい

ネットショップやりたい!という方が、
実際ショップをスタートしてみると
「思ったより稼げないなぁ。」「思ったより面倒くさいなぁ。」
という気持ちになることがあります。

しかも本格的に仕入れをしてネットショップをしてしまうと
自己投資が大きい分、引くに引けなかったりするんですね。

私は電化製品の在庫の山を抱えて店のスペースの
半分が埋まってしまっているお店にお邪魔したことがありますが、
「うーん。。厳しいなぁ。」とそう思ってしまいました。

もし売れない在庫を抱えて、次に行く資金がなかったとしたら
売れない商品を売るための努力をして
他のビジネスが出来る期間を無駄にしてしまうかもしれませんね。

そういうリスクを避けるために
「私ってネットショップ運営に向いてるの?」
を占うために、実際に少し立ち上げてみる、
というのがおすすめです。

”少し”というのは、”在庫を持たず”
ということです。
でも、本格ネットショップになるべく近づけたい。

これが出来るのがTopSellerです。
TopSellerでうまくいけば、そのまま進んでもいいですし、
ネットショップに切り替えてもいいわけです。

TopSellerも面倒だな、と思ったら
アフィリエイトやドロップシッピングを、
という段階を踏んでみるのもいいですね。

ネットショップをやりたいけれど、
仕入れ先がない!と悩んでいる方のご参考になれば幸いです。

ライターの独り言

最近、とても寒い日が続きますが、
なぜか春を感じた日がありました。
真冬に春を感じるのはいい兆しだな、と思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数5年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
拙著が好評販売中:ネットセミナーのはじめ方

8月お盆を過ぎるとなぜおでん?冷やし中華とおでんの意外な相関関係

みなさん、こんにちは!

7月末にローソンがおでんを売り出した、というニュースを聞き、
季節商品の動向に参考になるかも、ということで
「アイスクリームは20℃で売れ」(石川勝敏著、成美出版)
「コンビニでは、なぜ8月におでんを売り始めたのか」(石川勝敏著、扶桑社新書)
の2冊の本を読んでみました。

おでんの季節はお盆明けから
※おでんの季節はお盆明けからスタート!

途中まで読んで、「おぉ、違う本なのに同じことを言っている!」と
驚いていましたが、同じ著者だったというオチはありますが。。
本を読んで検証をしてみましたよ、というところまでお伝えします。

■消費行動は「昇温期」「降温期」で変わる
2月末から夏のだんだん気温が上がる時期を「昇温期」
8月末から冬のだんだん気温が下がる時期を「降温期」
と石川さんは名づけています。

四季でマーケティングをしているところが多いが
2つの区別でいいんだ、と言い切っています。

お盆を過ぎたらおでん、肉まんが売れるのは
コンビニ界の常識らしく
そのため、7月末におでんを売りはじめたローソンが
ニュースになっていました。

少し夜涼しくなってきた今は
「おでんもありかな。」と思いませんか?

■おでんが検索されはじめるのはいつ?
本当におでんって夏に売れるの?と思い
グーグルトレンドで検証をしてみます。

おでんの検索動向

すると昨年は8月25日~8月31日から
おでんの検索が急上昇しているんですね。
お盆を過ぎるころにおでんだ!と思う人が多いわけです。

うがった見方をすると、
この季節におでんをコンビニのCMで流し始めたから、
とも思ってしまいますが、
やはり自然に少し気温が低くなり始め
おでんが食べたいな、と思った方が検索をした
と考えるのがよさそうです。

真冬にあったかいおでん、と思っていたら、
少しでも気温が低くなったら食べたくなり、
11月をピークに少しずつ、下がっていきます。
特に年末クリスマス直前で急降下。
年末、おでんをゆっくりと、という状況でもないか、
ということでしょうけど面白い結果だと思います。

人は温度に敏感なんですね。

■冷やし中華はどう売れる?
冷やし中華は夏の食べ物、と思われがちですが、
売れるのは湿気の多いシーズンです。

2月からスーパーなどの店頭に並ぶそうですが、
「たしかに今冷やし中華を食べたい、とは言えないなぁ」
と思うわけです。

とはいえ独りよがりはいけないので
こちらも検証してみましょう。
冷やし中華をグーグルトレンドで検索。

冷やし中華の検索動向

すると真夏の盛りより少し前、の7月7日~13日がピーク、
という結果に。

梅雨明け後急速に興味が失われていくのが
わかりますね。
特にお盆の時期から急落。

まるで冷やし中華からおでんに
バトンを渡したかのような結果となりました。

2月から売れ始めますよ~、もグラフから分かりますね。

湿気が関係してそうですが、もっと大きくまとめると
石川さんの行っている「昇温期」商品、というのがわかります。

■なぜそうなるか。
なぜそうなるかについて石川さんは、
昇温期は味のあっさりした涼しい味の薄目のもの、
降温期は身体を保温する暖かい味の濃い目のもの、
を欲すると書いています。

確かに言われてみればそうだなぁ、と思う方も、
売れ始めが冷やし中華は2月、おでんは8月という
季節感を知っておいても損はないかと思います。

■他の季節ものに応用
秋冬の定番商品、毛布が売れはじめるのは9月から、ということですが
それも保温に対する防御本能と考えるとわかりやすいですね。
特に高齢の方は降温期の温度の変化に敏感だそうです。

個人的には「9月に毛布を買わなくても」と思うのですが、
もしかすると年齢層高めの人から、購入傾向があるかもしれません。

石川さんの本を読んで面白いなぁ、と思ったのが
一度昇温、降温のスイッチが入ったらその方向に動き続ける、
というところです。

確かに桜の花は開花しはじめると、どんな状況でも咲いてしまいますが、
それと同じなんですね。

ここで、長年私が疑問に思っていた
春と秋で同じ気温なのになぜ商品動向が違うのだろう、というところも
腑に落ちるような気がします。

冷やし中華に着目してグーグルトレンドでよく見てみると
6月と9月を比べると、6月のほうが気温が低いにもかかわらず
冷やし中華は検索されています。

ちなみに東京都 東京の気温、降水量、観測所情報
http://weather.time-j.net/Stations/JP/tokyo
によると
6月の平均気温は22.1℃、9月は23.8℃あります。

湿度があって体感温度が6月のほうが高いからかもしれませんが、
9月には冷やし中華よりおでんなわけです。

「冷やし中華って暑い時期に食べるもの」
という一言だけでは語れない、
昇温傾向にあるのか降温傾向にあるのかが、関係している、と考えると
季節商品の捉え方も奥が深いな、と思います。

この「昇温期」「降温期」の考え方を
みなさんの季節商品ショップにも活かしてみてはいかがでしょうか。

ライターの独り言

おでんの写真を探してから、おでんが無性に食べたくて仕方がありません。
食欲の秋、恐るべしですね。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数4年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
ネット動画配信に関しての本が間もなく発売ですよ!

ネットショップ運営者に最低限知っていただきたい素材利用についての基礎知識

「年賀状を刷ったのを一面に並べて写真を載せると、
新年あいさつブログとしていいんじゃないか。」

そう思い立ちましたが、「いや、まてよ。」
と年賀状素材の本の利用規約を見てみると、
”不特定多数への提供は禁止”とあります。
ということで、今回その写真を撮ることは諦めました。
その代りにこの話、というわけです。

ショップを盛り立てるために
画像、動画などを利用することがあるかと思います。
これらを総称して素材と呼ぶことにします。
今回はショップの素材利用についてのお話です。

素材には著作権が存在します。作成した人の権利ですね。
著作権保有者が許可しない限り、
素材を利用することはできません。

まず利用規約を探そう

”無料 素材””無料 イラスト”などのキーワードで
検索すると、いろいろな素材配布、紹介サイトが出てきます。
まずはそれらのサイトの利用規約を探してみましょう。

素材については、素材提供者側が、
利用規定、利用規約(以下まとめて利用規約)という形で
書いてあることがほとんどです。
記載していない場合は、メールで連絡を取って許可をもらうこともあります。

非商用の場合は無料ということも多いのですが、
商用はそもそも利用NG、もしくはある条件下でOK、
有料という場合もあるので注意しましょう。
無料の場合も利用規約にリンクはしてください、と書いてある場合もあります。
利用規約に従って素材を利用するように心掛けましょう。

TopSellerのショップに利用する場合、もしくはブログで利用する場合など
利用用途によって、利用規約の適用が異なる場合があります。
注意深く読んでいきましょう。

最初はとても難しいことが書いてあるような気がしますし、
本当に使っていいのかしら?とドキドキしたりもしますが
そのうちパッと利用規約を見つけて、ササっと対応できるようになります。

画像への直リンクはNG

サーバーに負担がかかるため直リンクで
利用することはまずほとんどの場合NGです。

ダウンロードして利用する、ということを心がけましょう。
「自分はそういうのわからないから。」は通用しません。

厳しい言い方になりますが、利用規約が面倒くさい、
ダウンロードはしたくない、では素材の利用資格はありません。

素材を作った人の気持ちを大切にしよう

素材を作成された方ならわかるかと思いますが
作成には時間や手間が大層かかります。

無料の場合もアフィリエイト収入を期待したり、
リンク効果でSEO上位に行きたかったりと
素材提供をする方の思いは様々です。

黙って利用してしまうのはとても簡単ですが、
それはとても悲しいことです。
法律云々は置いておいたとしても、
手間をかけた素材提供してくれた方の気持ちを
踏みにじるようなことはしないようにしましょう。

印刷物はさらに注意が必要です

TopSellerでショップ運営される方は、
もしかすると購入者の方にパンフレットなどの
販促資料を送付する方もいらっしゃるかもしれません。

印刷媒体の利用規約は、Webのものとは異なる場合があります。
WebはOKだけど、紙媒体は有料という場合もありますので、
気を付けましょう。

時々Web素材を印刷されたものを見かけますが、
ちゃんと承諾取っているのかな~、と時々気になったりもします。

素材提供者に感謝の気持ちを

自分が使ってみたいと思う、良質なコンテンツを提供する方々に最大限の敬意を払い、
コンテンツを利用規約に従って利用する、ということが大前提。

さらに言えば、こういう方たちにコンテンツ作成依頼をしたり
紹介をしてあげたり、といったことをして
「コンテンツを提供してくれてありがとう。」の気持ちを
示せればなおいいですね。

素材配布サイトを少し紹介

”無料 素材””無料 イラスト”等で検索をすると
いろいろ出てきますのでお好みのところを利用していただければいいのですが、
利用させていただいているところの一部をご紹介。

=========== =========== ===========
無料イラスト/春夏秋冬/イラストわんパグ

illust4012thumb

とてもかわいいイラストで、
女性の方で利用されている方をちらほら見かけます。
ショップでの利用もリンクを張ればOKです。
他しっかりさまざまな利用規定が書かれていますから、
利用規定のお手本としても勉強になります。

利用規定
http://www.wanpug.com/kitei.html
=========== =========== ===========
写真素材 足成

a0003_001899

人物素材の表情の多さ、利用シーンの多様さなどから
「あ、これ足成使ってる。」と思う大手サイトも
見かけたりします。
基本的にWeb上で普通に写真を利用する場合は
リンクなしで使える、という太っ腹サイトです。

人物写真には著作権に加えて肖像権もあります。
肖像権については、このサイトの利用規約を読むと
参考になります。

利用規約
http://www.ashinari.com/about/050_agreement/index.php

=========== =========== ===========
ほのぼのキュートな手書き風アップルパイン

usu

力の抜けたほのぼの感がいいですね。
こうやって見ると私はかわいいのが好きなんだな、と
傾向が見透かされそうですが、いいサイトはいいのです。

利用規約はヘッダーメニューの
Sozaiのところに記載されています。
=========== =========== ===========
無料で取り放題.com

sale1_2_l

カートボタンどうしよう?とかQ&Aボタンが、
というときによく利用させていただいております。
商用利用OKというのも嬉しい限りですね。

カスタマイズも請け負ってくれています(有料)

利用規約はトップページに記載されています。
リンクも大歓迎、と書いてあるので利用する際は
是非リンクしてあげて欲しいです。

写真の著作権・肖像権について

日本写真家協会の写真著作権と肖像権についての
詳しい記載があります。へぇ~、と意外に思う記載もありました。
http://www.jps.gr.jp/rights/qa.html

絵画の撮影写真には著作権がないが、彫刻の撮影写真には
著作権が生じる、といった判断は法律が芸術的解釈まで踏み込んだ
判断をしているのだな、と感心させられます。

上記を見つけた理由ですが、
建物を撮影したとき、それをWeb上で載せていいの?
という単純な疑問からです。

建物を撮影した写真を掲載するのはOKで、
ただし商業用に宣伝などで使う場合は著作権者の承諾が必要とのことです。

例えばこういう写真を載せるのはOK、ということですね。
(数年前、パリに行ったときに撮った写真です。また行ってみたい。。)
DSC_0026

Youtubeの動画について

Youtubeに関していえば、共有リンクが取得できるものは
全て利用可能です。

けれども、それを知らずに一生懸命自社用に作ったのが
わかるものもありますね。

ショップ運営仲間との話で、こういったものは使わない方がいいよね、と
いった話が出ましたが、こういう考え方は素敵だと思います。
規約がどうの、というより作った方の思いを考えての意見だな、と。

ライターの視点

無料で届けてくれた思いに「ありがとう。」の気持ちを込めて
素材を利用すればまず間違いは起こらないのでは、と思います。

さて。投稿のペースがかなりスローモーでしたが、
Yahoo!ショッピングが無料になったり、消費税が上がるのが決まったりと
いろいろネットショップを取り巻く環境も変わりつつあります。
今年は助走段階でしたが、来年は本格的にブログを書きますので
TopSeller共々、来年もどうぞよろしくお願いします。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

新しく楽天ショップオーナーになる店長に知ってほしいGoogleとは一味違う楽天SEOの基本ロジック。

前回に引き続き、去る10月5日に渋谷で行われた
TopSeller活用術セミナーについて前編後編に分けてお伝えしています。

今回は動画の後半部分の45分くらいをコンパクトにまとめます。

TopSellerを用いて商品点数が多い中、どうやって効率的に売るのか、
楽天ショップで商品を上位させて売るためにはどうしたらいいのか、などについてお話します。

ちなみにこのセミナーですが、動画も公開されています。

やっぱり映像で見た方がわかりやすいや、という方は動画をどうぞ。
講師を務めるのは、前回から引き続き竹内謙礼氏です。

まずは前半を読んでから、と思われた方はこちらへ

少ない時間で効率的に上位表示

最少効率の上位表示

・穴場を見つける
・SEOはこだわりだすとキリがない
・上位表示させやすいキーワードを見つける

自分の商品が限られている方は、その商品に付き合って
とことんキーワードで戦う必要があります。
商品点数が多い場合、ライバルがいなそうなキーワードを狙って、
そこで上位を確保します。

SEOは手間と時間がかかり、さらにコロコロとロジックが変わります。
検索キーワードの隙間を狙って短時間で上位を目指しましょう。

商品点数が多い分、
ライバルがいるところで戦わなくて済む、ということです。

上位表示させやすいキーワード改善方法

検索キーワードの改善

”羽根布団”はライバルが多い。
そんな時は、”羽根布団 子供用”で絞り込みます。
さらにもっとピンポイントで”羽根布団 子供用 110cm”となると購入意欲は満々。
キーワードを3つ、4つと増やしていくとライバルが減り、
ターゲットは狭くなりますが、その分、購入する確率は上がります。

キーワードを足す方法のほかにキーワードを変える方法もあります。
”ビーチバレー ネット”を探している人は
実は”ビーチバレー コート”と探したり
どう探していいかわからず”ビーチバレー 網と棒”と探すかもしれません。
同じ商品に対するキーワードを変えてみましょう。

キーワードの絞り込み、変更を工夫することによって、
ブログを書いて被リンクを送るなどの手間がなくなります。

MakeShopを使った自社サイトの場合

自社サイトの場合

自社サイトで売る場合は、Yahoo!やGoogleの検索で売ることが前提です。
MakeShopで作る場合、既存ドメインでネットショップ作成がおすすめ。
今保有しているサイトに商品を増やしていきましょう。

穴場のキーワードを見つける方法として、
グッドキーワードツールを利用してみます。

”布団 干す”が出てきたら、
布団を干す時のグッズがあれば紹介、などキーワードに沿った商品を展開しましょう。

SEOチェキで自分の検索順位がわかります。
微調整をかけて上に上げていきましょう。

基本的なSEO対策として
タイトルタグとテキスト文に検索キーワードを意識して入れていきます。

検索エンジンを使って検索をするときは、
”調べている” ”購入する”
の両方を意識しているものは売れやすい感じがします。
(反面、楽天市場などのモールでは買う気満々。ストレートなキーワードがよい。)

電子タバコ(薬事法で売りづらくなっていますが)の場合、
Yahoo!、Googleの検索が楽天より売れていました。
電子タバコって何だろう?と調べているからでしょう。

”それって何なの?”は検索で売れます。
調べている感覚で探される商材を選ぶとよいと思います。

また省略語、業界用語、型番などもキーワード候補となります。
ゴキブリホイホイ->ゴキホイ
ヒルナンデスで売っていたコラーゲン->ヒルナンデス コラーゲン
など。
商品番号で検索をする場合もあります。

検索結果最上位にこだわらない

検索上位は売れる

キーワード広告は1位を狙うべき、という説が崩れつつあります。
お客様が検索慣れしてきたため、すぐには買わず比較をするからです。
だからキーワード広告はプレミアムゾーンを無理して取らなくても大丈夫。
SEOでも無理して1位~3位を目指さなくてもOKです。
どちらもそこそこの上位を目指しましょう。

楽天市場攻略法

楽天市場の場合

ショッピングモールは購入意欲満々のお客さんが検索します。
ここが検索エンジンで商品を探すお客さんと違うところ。
テンションが高いので、出せば売れる、にはまりやすいのです。

広告を使うリスクは追わず、楽天内での検索結果で上位を目指しましょう。
広告費がかかりませんし、結構下のほうで表示されていても売れることがあります。

楽天SEO

楽天市場のSEO対策

売る商品は粗利率をチェックしましょう。
経費も考えて、家賃(システム利用料)+手数料を考慮して10%以上のものを選びます。

そうなると商品点数が絞り込まれていきますが、
商品点数10万点を維持するなら、値上げをして維持する方法もあります。

「値上げすると売れないのでは?」という話もありますが、
法人需要が動いたりもします。安すぎるものを買うと怖い、という心理や、
会社で買う時に個人のポイントを貯めるためにわざと高い店で買う、という場合もあります。

価格.comも最安値から3番目くらいが売れたりするそうです。
価格を上げることによって売れ始める商品もあります。

検索順位を決めるのは?

ほぼレビュー数で決まる

商品の感想が多ければ多いほど基本、上に行く傾向があります。
(たまにイレギュラーなものもあります。)

また、商品名にお客さんの検索するキーワードが入っている方が上位表示されやすい傾向があります。
商品名が長い商品が多いのは検索で引っかかろうとするためのものです。

楽天内で色が変わっているところは広告ですが、
基本、あまり手を付けないでもいいでしょう。
楽天で入っている人は、広告をあまり見ないのではないでしょうか。

Google,Yahoo!は早く買いたい人は広告をクリックしますが、
楽天はそうはならないようです。

楽天SEOの基本ロジック

楽天SEOの基本ロジック
レビュー数は数だけでなく、5段階の質の評価も加味されます。
楽天ショップのほうが商品名にキーワードをあまり意識していない人が多いので、
キーワードを意識した商品名が効きます。

細かいロジックは常に変化していますが、基本的な3つの部分は押さえておきましょう。

レビュー数では戦わない。

レビュー数対策
レビュー数が多い商品で戦わないようにしましょう。
1ページ目の最後でも200,300のレビューのあるキーワードは避けてください。
レビュー数の多い商品は売りにくいのです。

レビュー数を増やす対策をするのも一案ですが増やすのは想像以上に大変です。
10万点を売っていくために手間のかかることは出来るだけしないようにしましょう。

レビュー数が少ないのに上位表示している競合商品がたまにあります。
そういったライバルはチェックをしましょう。
カテゴリーの登録の仕方、商品名の入れ方などに工夫を凝らしている場合があり、
研究をすることで、レビュー数が少ないのに上位表示をさせるヒントが得られます。

商品カテゴリーは検索順位に影響するか?

商品カテゴリーの変更
カテゴリーさえ変えればライバルが減ることもあります。
例えば同じ「ワンピース」でも、カテゴリー登録の仕方で順位が上下する可能性があります。

商品名はずばりストレートに迫る

商品名はストレートなキーワードで
激安感を表したり、打ち間違えもフォローしましょう。
ブランドものは英文字で効果のあることもあります。

出来るだけ少ないキーワードで、狙っているキーワードが
前に来ているほうが上位に来る傾向があります。

店舗名を工夫する

店舗名に一工夫
店舗名で安さを演出したり、店舗名に検索キーワードを入れましょう。

10万点だとキーワードを絞れませんが、”安い”コンセプトで売っていきます。
店舗名で安そうなところを選ぶお客様もいそうです。
逆に、値段を高く売りたい場合は高級感がある名前を選びましょう。

もっと売るための工夫

売れるための工夫
出荷風景、スタッフ写真等は積極的に利用しましょう。
またお客様の安心感を配るキャッチコピーを入れていきます。
(売れています、人気です等)

競合商品に比べての優位性をアピールしましょう。
自分のショップの商品が他より優れいているかをしっかり入れこんでいきます。
他の商品に置き換えられるキャッチコピーは避けましょう。

売ったら、さらに売る

売れ始めた商品をさらに売る
すでにドロップシッピングでよく売れている商品を探してみましょう。

商品を探してSEOを調整することで、
売れてる商品がさらに売れるようになります。

TopSellerはこんなメリットも

その他のTopSellerのメリット
ショップ全体の集客数が増えて、回遊性も上がるので自社商品も売れ始めます。
商品点数制限MAXに達していない方は、MAXの商品点数で運営しましょう。
ノーリスクなので人材の教育になります。
検索エンジンのロジック変更のリスク回避にもなります。
またセールにも便乗出来るようになります。

TopSellerよくある質問

TopSellerよくある質問
1.在庫は1時間置きに更新されます。
2.メールでトップセラーに問い合わせてください。
3.返品、返金対応OKです。
4.ネットショップ全般に大して言えるものです。
  今更じたばたするところではありませんし、
  参入障壁が低い分、商品点数を多く扱ってリスク分散をしましょう。

総論

総論
商品点数を絞り込むのはリスクなので
お金をかけずに時間と手間をかけましょう。

売れない商品から売れる商品に育てていきます。
キーワードと視点をずらすことが有効です。

商品1点あたりに狙えるキーワードは100キーワード
10万点で1千万通りの売り方があります。
まだまだ売り方は広がっていくでしょう。

もっとネットショップ運営方法を学びたい方へ

竹内商売繁盛研究会
講師を務めた竹内謙礼氏の運営する竹内商売繁盛研究会です。
直接竹内氏本人が指導するのが売りとなっています。

ライターの視点

楽天内SEOについてはあまり気にしたことがありませんが、
独特の手法があるんですね。
楽天でショップ開店を検討している方は是非試してみてください。

ドロップシッピングの場合、売るためにはSEOを押さえる、というのが
初心者の方にも要求されるノウハウとなってきていますが、
SEOを意識したショップを作って、リンクも張って、とやっていると
在庫が切れたり、シーズンを逃したりすることもよくあります。

ここが時間がかかってもどかしい。。。と思っている方は
TopSellerのようなビジネスが向いているかもしれません。
(両方面倒だ、という人は論外ですけども。)

一方で、いかにライバルのいないキーワードを狙っていくか、は
ドロップシッピング、TopSeller共通で意識したいところです。

おそらくですが、GoogleのSEOをある程度分かっている人が、
楽天SEOを意識して行えば、そこそこいけるのではないか、と。
楽天の中のほうがSEOとしての競争がゆるそうな気もしますので、
そこを狙っていくのはショップ運営として妙味ありだな、と思いました。

TopSeller、ドロップシッピング問わず、
SEO対策を失敗しても、即座に次に行けるのが、
在庫をもたないビジネスモデルの強みです。

ロバートキヨサキが、
「10種類のビジネスを起こして、1つ当たる、と聞いたら10種類やるだけだ。」
と言っていたのを思い出しました。

10万点勝負での勝率は十分あると思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

ネット販促が進化し商品点数で勝負する時代に。商品点数10万点のTopSellerが実現するお客様包囲網。

今回は去る10月5日に渋谷で行われた
TopSeller活用術セミナーについて前編後編に分けてまとめてみます。

ちなみにこのセミナーですが、動画も公開されています。

やっぱり映像で見た方がわかりやすいや、という方は動画をどうぞ。

今回は動画を見る時間はなし、でも少し興味がある方対象です。
動画を見るのは長いなぁ、と思う方のために。
前編、後編とも短時間でチャチャッと読める形にまとめました。

今回のセミナーで講師を務めるのは竹内謙礼氏。
楽天市場などでショップオブザイヤー受賞経験もあり、
もしも大学の学長でもあります。

竹内学長ですが、ネットショップ黎明期からの経験と、
実店舗、ネットショップ問わずのコンサル経験も豊富なので
このあたりのお話も入り交えながらの講義となりました。

TopSellerとは?

TopSellerとは?
一言で言ってしまえば、在庫リスクなしで
商品点数を10万点以上に増やすことが出来るサービスです。
商品の受注が入ってから発注が出来るので
在庫のリスクがない、というのが大きなメリット。

この仕組み、実は前からあった仕組みでもあります。

従来の仕組みとTopSellerとの違い。

従来の受注発注の仕組みは商品が1ジャンルに特化していました。
ペット用品などの販売などの例で見ると、商品点数が数百点から数千点。
そのジャンルのものだけでした。
TopSellerは10万点もの商品点数を誇ります。

商品点数10万点は、運営会社もしもの実力。

TopSeller運営会社は株式会社もしも
もしものドロップシッピング会員は40万人。
取扱い商品は30万点以上、法人取引800社くらいです。

商品点数を在庫などの比較的安定している10万点に厳選し、
今までドロップシッピングで築き上げてきた法人取引の信頼関係で
スタートから10万点の商品を提供しています。

ドロップシッピングは個人でやる方が大半でしたが、
法人で取り扱えるようにしたのがTopSellerです。

楽天市場にお店が出せる、自社サイトでカートを導入出来るようになりました。
ショップの商品に混ぜたり、より一層物が売れる仕組みが出来ます。

なぜ今商品点数が重要なのか?

「10万点もいらないよ。」「そんな多くて意味があるのか?」
という声もある中、なぜ商品点数なのか。
それを知るためには今までのネット販促の移り変わりを見る必要があります。
ネット販促の移り変わり

1999年~2001年。
ネットショップ黎明期はメルマガ型の販売でした。
店舗は少なく、お店を持っていたら検索でたちまち1位に。

2002年~2005年
キーワード広告、楽天広告で売れた時代です。

2006年~
ところが今は従来のようなプッシュ型が効かなくなってきています。

一つにはお客様が多様化したことが上げられます。
メルマガや広告の言いなりではなくなりました。
お客様が商品を探すだけではなく、
徹底して比較していく時代になりました。

それにしてもゴリラから人間に、とはかなり極端な例えですね。

従来のネット販促のテクニックが通用しなくなってきた

従来のネット販促は通用しない
お客様がインターネットを使いこなすようになってきたため、
メルマガでいいですよ、と言って売ったり、
プッシュ型でモノが売れなくなってきました。

一方えショッピングモールのボーダレス化も挙げれます。
「僕は楽天。」「私はアマゾン。」ではなく、
誰もがどこででも、買う時代になり、ますます差がなくなってきています。

言葉を変えれば、ネットショップの売り上げを伸ばす方法が激減した、
ということです。

そこで出てくるのが商品点数

商品点数を増やして売上を伸ばす

商品点数を増やすと、網が細かくなり
お客様が抜けにくくなります。

お客様が商品を見つける時は、ネット検索で見つけることが多くあります。
商品点数が増える、ということは商品の検索キーワードが増える、ということです。
多くのお客様に自分のショップの商品を見てもらうことが出来ます。

商品点数=売上?

では商品点数が売上に直結するのでしょうか?
商品点数=売上

テナント数、商品点数が多いショッピングモールと
八百屋では集客力、売上力はどちらが多いでしょう?

ネットショップの最大の利点は”空間制限”がないこと。
実店舗と違っていくらでも商品を置けます。
商品点数を増やしてこの利点を活かしましょう。

今までのこだわりは捨てるべき?

それでも自己流にこだわりますか?
かなりとんがった商品を扱ったり、
売上が上がるキーワードでSEO上位だったり。
そういうことが出来る人は我が道を行くべきです。

ショップ運営のノウハウで
小さな店舗で売ることも出来ましたが、
今は販促で差がつけにくくなっています。

そのためには、商品力、広告力、価格競争が必要です。
これを本当に出来るのは大手だけ。
他社に負けていたらお客様は買ってくれません。

だから商品点数を増やす!でも。。

商品点数は簡単に増やせない

小さいお店や会社にとって商品点数を増やすのは容易ではありません。
それは以下の理由からです。

・商品を仕入れることは出来ない
 売れる商品を仕入れることは出来ない
 大量に商品を仕入れることはできない
 いろいろなジャンルの商品を仕入れることができない
  
・在庫管理が出来ない。
 商品を仕入れすぎると在庫リスクを抱えてしまう
 発送の対応が出来ない
 受注対応することができない

商品点数を大きくすることは小さいお店、会社にとって
実に大変なことです。

そんな問題点をTopSellerが解決!

問題点をTopSellerが解決
7年間のドロップシッピング運営で
信頼関係を築き上げているメーカーがあるからこそ、
商品を10万点仕入れられるようになっています。

また、もしもは厚木市に倉庫を持っているので、
発送はドロップシッピングで培ったノウハウを利用して
行うことが出来ます。

ネットショップ運営で本来必要な
運送会社と契約を交わしたり、伝票をどうするか、などで
悩まなくてもショップ運営が出来ます。

どうする?TopSellerでのショップ運営

ログインして、商品選んで、CSVにダウンロード。
それをサイトにアップするだけ。
これがTopSellerを用いたショップ運営です。

もう一度。

ログインをして。
サービス利用は簡単その1

商品を選んで。
サービス利用は簡単その2

CSVにダウンロード。それをサイトにアップするだけ。
サービス利用は簡単その3

簡単ですね。

商品ページは作り込むにこしたことはないですが、
1ページ作るのに1日かかります。
商品1つ1つを充実することをするのなら、
商品点数を増やしていきます。

お客様は商品検索するのに慣れています。
商品検索そのままで買っていく方もいらっしゃいます。
Amazonは凝ってはいないが売れるのと同じ原理です。

ホームページで情報を与えて売る、ではなく
商品を探して買う、という時代。
だったら商品点数で勝負しましょう。

TopSellerの基本戦略

TopSellerの基本戦略
基本はこの3パターンに集約されます。
A.迷わず全商品を取り扱う。
  売れる商品を選ぶ、ということではなく全商品扱う。
B.商品を検索結果で上位になるように微調整をかけていく。
  扱う商品を上に表示されるように微調整。
C.売れ始めた商品をさらに売る。
  売れ始めた商品をさらにコーディネート

全商品を取り扱う理由

全商品を取り扱う理由
全商品を扱うのはこんな理由からです。
・全商品を取り扱わなければ「網」の目が細かくならない。
・商品点数が多いので、ひとつひとつ商品を吟味していく時間がない。
・商品選びに悩んでもいいが、「売れる商品」は誰もわからないし、教えない
・売り出してみないと、わからない

売れる商品を検証するのには時間がかかるので
自分で見つけるしかない。どんなに予測を立てても100%は無理。

SEOで上に上がっても売れない、実店舗で売れるから売れるわけではない。
だったら在庫リスクが0だから、廃れたら乗り換える気持ちで
商品をどんどん取り扱ったほうが、リスクが低く、効率がいい。

商品点数を絞って頑張っていると、
売れるんじゃないか、と思いこんでしまいます。
商品に感情移入してはいけません。

ネットで売れる商品と売れない商品

ネットで売れる商品と売れない商品
1.検索キーワードがあって売れる商品が2~3%
  穴場商品になる可能性あり。

2.検索キーワードがあってなぜか売れない商品:10%
  競合が多い、検索キーワードと相性が悪い

3.検索キーワードがなく売れる商品:10%
  ・穴場商品 予備軍
  なんだかしらないけれど売れている商品
  GoogleAnalyticsを自分のショップに導入して何のキーワードで来ているか、
  予測していなかったキーワードを掘り出す。
  
4.検索キーワードがない
  売れない商品 80%程弱
  ー>ブームやキーワードが変わって売れる商品に動いていく可能性あり。

1の商品が見つけられたら御の字ですが、
2、3から1、4ー>3->1と誘導を狙っていくことも出来ます。

ネット販売は売れるか売れないかが明白

売れる商品と売れない商品の比率を考える
実店舗は実際に商品を見るので欲しくなる確率が高いが、
ネットはキーワードは白か黒、売れるか売れないかの世界です。

検索上位を目指して微調整

微調整とは?
SEOではなくここでなぜ微調整、というか。
出来るだけ少ない作業で、少しでも検索結果で上位に表示されることを目指すからです。

商品点数が少ないと、がっちりSEOをかけないといけません。
そして必ず検索結果で1位を取らなくてはいけません。
そういった1個1個の作業量は出来るだけ小さくしていきましょう。

前編、後編で行こう、と思ったら、やけに長くなってしまいました。
次回はこの続き、できるだけ少ない作業で、検索結果で上位に表示させる方法からお伝えします。
前編、読破お疲れまでした!

ライターの視点

元々私はネットショップを開業したいな、と思っていました。

ドロップシッピングを始める前に
”インターネットでお店やろうよ! ”(アスキームック)などを時々読んで
いつかはネットショップオーナーに!と息巻いていたわけです。

でも、どこから商品調達するか、が肝心のところなのに、
そこがよくわからない、というのが悩みどころでした。
(実際は悩むほど考えてはいなかったのですが。)

「自分で商品をどう調達すればいいかわからない」
こんな理由でドロップシッピングを始めた方も多いかと思います。

今、目の前にあるTopSellerを利用すると、そういう悩みを簡単に乗り越えて
以前私の憧れであったネットショップが出来てしまうんだなぁ、とそう思います。

一方で、TopSellerには競争力のある商品をもっと揃えて欲しい、と思います。
商品力がなければ、たとえ10万点の商品が並んでいても、
お客様の心を捉えることは出来ません。
どんどん商品点数を増やしていく、とのことですので、さらなる期待をしたいところです。
TopSeller限定商品がいくつかあるとさらにGood!ですね。

あと1点、気になるのが、ドロップシッピングでは、”テーマを絞って小店舗を”という運営方法が
一般的ですが、これが廃れてしまうのか、否か、というところです。
ここは後半お伝えする、全商品扱うことになるとどうしても広く薄くならざるを得ない中で、
SEOで上位に、をどうやるか、というところと関係してきそうです。

ということで、後半に続きます。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。