日本のデオドラント志向はますます加速。この夏ブームに乗ってみよう!

デオドラント。

Wikipedeiaでは
体臭や汗の臭いを防いだり、取り除いたりする薬剤。
と定義されています。

昨日、東京は暖かく小春日和で
都営銀座線も冷房が効いている(!)くらいだったので
汗だくな中、こんな記事が出ていたので気になりました。

“加齢臭市場”が活況 下着、芳香剤…日用品や衣料分野にも拡大
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140227-00000003-fsi-bus_all
(もし気温に応じて記事を出したりしていたら、
 大したものですね。そういうこともあるんですかね。)

古来からお香を焚き染めたり、匂い袋を持ち歩いたり、
最近でも柔軟剤も香り付きのものが好調らしいですが、
基本的には日本人は無臭好きなほうでは、と思います。

香水などをつけると寿司屋で嫌な顔をされる、といった
話しもあるくらいですから。

最近では、部屋で香りを楽しむ
リードディフューザーも流行りつつありますよね。
(アロマオイルに棒を挿すあれです。検索してみてください。)

このリードディフューザー、一生懸命デパートなどで
宣伝をしていますが、常にアロマオイルが必要で
固定経費が増えるこの仕組みが日本に定着するかひそかに注目しています。

部屋だとアロマオイルがどんどん減るので、
我が家ではトイレに置かれることになりました。

ちなみに現時点で
リードディフューザー  2,400
アロマディフューザー 27,100
です。

アロマディフューザー、人気あるな~、と再認識。

たまにアロマキャンドルなど
たまにアロマキャンドルなど / Yuichiro Haga

話しが臭いから匂いにずれました。
元の話に戻して、デオドラントについです。

何と言っても難しいのが臭いは
自分では気が付きにくい、というところです。

どうやって自分の臭いを知るのかな、と思い、
キーワードプランナーを使って検索してみると
体臭 チェック 1,900
口臭 チェック 5,400
といったキーワードから「私、大丈夫?」という思いが透かし見れます。
(本当にデオドラントしてほしい人が実は無神経だったりしますけども。。)

デオドラント製品が流行る背景には
震災以後の節電、夏の高温化など、汗をかく機会が増えたこともあるかと思います。

数年前にはあった震えるほど寒くクーラーの効いた店、
というのが最近は少なくなっていますよね。
夏場はとくにじんわり汗をかいて汗臭くなりやすい傾向があります。

高齢化、高温化、節電、清潔化などを背景に
デオドラント志向はますます強くなりそうです。

自分でははっきりわからない「もしかしたら臭いかも」を
制するこれらの商品、これから夏にかけて扱ってみてはいかがでしょうか。

ライターの視点

2月28日の日経夕刊に
”作り立ての香り 長持ち”という小記事が1面掲載されていました。

ナノサイズの泡に香りを封じ込める、という
京大での研究の話でしたが、制汗剤などにも応用できそうですね。
ここまで来たらとことんやってほしいと思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

[事務局] TopSeller早期登録キャンペーンを開始しました!

本日、TopSeller月額利用料を公表させて頂きました!

2月末までにプラン登録を済ませて頂くと、3月中は無料&その後ず~~~っと優遇価格にてTopSellerをご利用いただけます!
3月1日から定価に戻ってしまいますので、忘れずにプラン登録をお済ませください。

■TopSeller
https://top-seller.jp/

一見、どのプランにしようか迷ってしまうと思いますが、選び方は、実はとってもカンタンなのです。ここでは、迷わずプランをお選び頂けるように、あなたにピッタリの料金プランを解説させていただきます。

楽天市場ストアを運営されている方

楽天メガショップ(商品数制限なし)を契約の方

迷わず「TopSellerプレミアムプラン&楽天パック」を選択し、楽天メガショップの機能をフル活用しましょう!

楽天スタンダード(商品数制限20,000点)を契約の方

「TopSellerスタンダードプラン&楽天パック」がおすすめです。20,000点の枠を余してしまったらもったいないので、上限一杯に商品を埋めてしまいましょう!

楽天がんばれ・ライト(商品数制限5,000点)を契約の方

「TopSellerミニマムプラン&楽天パック」がおすすめです。

Yahooショッピングストアを運営されている方

プロフェッショナル出店契約(ストアマネジャー)の方

迷わず「TopSellerミニマムプラン&ヤフーパック」を選択し、Yahooショッピングの最大のメリットである「出品数無制限」を最大限に活かして、大規模に商売してください!

個人向けライト出店契約の方

「TopSellerミニマムプラン&ヤフーパック」がおすすめです。ミニマムプランは5,000商品ながら多彩で商品がいっぱい! 自分の思うがままのショップを作りましょう!

MakeShopストアを運営されている方

プレミアムショップ契約(商品数制限10,000点)の方

「TopSellerスタンダードプラン&MakeShopパック&MakeShopデータ自動同期」がおすすめです。豊富な約3万点から選択した商品で、お客様に満足頂ける品揃えを実現!

ビジネス・フリーショップ契約(商品数制限30~100点)の方

「TopSellerミニマムプラン&MakeShopパック」がおすすめです。初めて自分のショップを持つ方、運営コストを極力おさえたい方向け。

TopSellerの詳細はこちらから↓

いかがでしたでしょうか。
契約するプランはお決まりになりましたか?

ぜひTopSellerご活用くださいね!

■TopSeller
https://top-seller.jp/

topseller

日経新聞1面から読み取る2014年を占うネットショップ最新動向

日経新聞の1面にネット販売に関する記事を
目にする機会が増えてきました。

新年への目標を立てらてた方が多いかと思いますが、
目標達成には辺りをよく見まわすことも大切ですよね。

遠い将来、とまではいかないにしても
2014年のネット通販像が透かし見れるような記事と
目を惹くキーワードをいくつか紹介しようと思います。

1面記事から傾向を読み取る

増税で売れなくなるものは何?

================
1月5日(日)日本経済新聞朝刊1面より
================
・増税「影響 限定的」52%
・セールで対策が33%、実施しないはわずか5%
 残り62%は未定も競合を見極め
・増税後にどんな商品の購入を控えるか
 衣料、服飾雑貨、菓子、家具・インテリア。。。
・「衣料品など不要不急の商品は買い控えが起きそう」
================

この記事から考えると
・3月末までの駆け込み需要は上記「不要不急」商品が1つの核となる
・4月以降は何等かのセールを実施すべき
といったことが読み取れる、もしくは推論できるかと思います。

少し意外だったのは
・買い控えするものの順位が単価が高いから、というわけではない
というところです。
年度末には保存の効く菓子、飲み物が大量に購入されるケースも
ありそうだな、ということです。

ちなみに増税後の影響は半年以内、と想定している小売りが
多いことを合わせて考えると、
売上は年度末までと秋以降に期待でき、
消費税増税後半年は低調、と読み取れます。

今から年度末までに勝負に出るだけの準備が出来ない方は
購買力が回復する秋以降に勝負をかける、というのも1つの方法かと思います。
企業の業績動向によっては、昨年末に引き続き
来年末の売上も思った以上に期待できるかもしれませんね。

とはいえ、景気は気分で決まるもの。
今の気分は「影響ないよ!」という元気な雰囲気ですが、
実際はふたを開けてみないとわからないのでしょうね。

カード払い増加は中小ネットショップにもプラス

================
1月10日(金)日本経済新聞夕刊1面より
================
・個人マネー、ネットで動く
・通販好調クレジット決済増加
・「13年はカード決済総額のうち、ネット通販決済が初めて
  1割を超えたもよう」
・即日配送などネット通販のサービスが向上し、
 インターネット通販でのカード利用者が増えている
================
ネット通販でのカード払いが伸びています。
ネットの販売サイトの支払いへのハードルが下がっている、とも読み取れます。
(必ず着払い、という方もいらっしゃいますが、
 ここでは全体の傾向としてのお話です。)

通販当初は「信用していいのかしら?」という気持ちを
少なからず持つ方が多いかと思いますが、
必要なものを見つけたら購入、の流れが定着しつつあるわけです。

ちなみにネットショップの購入回数と購入金額は
相関関係があるようです。
最初はちゃんと届くかドキドキしながら少額のものを買っていた方も、
だんだんと回数を重ねるうちに購入額が増えていく、とのこと。

カード払いがより利用されるようになってきている、ということは
楽天やAmazonなどの通販最大手だけではなく、
中小のネットショップからのカード購入も抵抗がなくなってきている、と
そう私は読み取りました。みなさんのショップにもきっとプラスに働くはずです。

ネット通販でも後払い可能に。ただし懸念点も

================
1月12日(日)日本経済新聞朝刊1面より
================
・ネット通販、後払いで商品確認後返品も容易に
・後払いによりカードのネット決済を敬遠する消費者が
 購入を増やすきかっけになる。
================
ヤマトホールディングスは受け取った商品を確認後に
代金を払えるサービスを今月から開始する、とのことで
決済方法の新システムとして急拡大する可能性があります。

見てから買う、という仕組みはリアルな店舗での購入に近い
大変素晴らしい仕組みですが、購入者側の良心も必要です。

後払いでたくさんの商品を取り寄せて家で比較し
一番気に入ったもの以外は返品、とされると
通販業者としてはたまったものではありませんよね。

また支払いが後になることで、購入代金をなかなか期限までに
納めない人に対する対策も必要になりますから、
回収代行業者などの業務が拡大しそうです。

このあたりおそらく大半の人が健全なネット通販利用者であることが
予想されますが、懸念事項でもあります。

ライターの視点

ネット通販への流れ、依存度がますます強まる中、
2014年自分のショップはここまで行きたい!という気持ちを強く持っていただければ、と思います。
思いは力に変わりますので。

増税前の買いだめについてですが、大量に買ったものは大量に消費してしまい、
買いだめはあまり意味がない、というのが自論ではあります。
以前、チョコレートが安い!と大量買いしたところ、瞬く間に食べてしまったことがありました。。
買いだめはほどほどがよろしいようです。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

ネットショップ運営者に最低限知っていただきたい素材利用についての基礎知識

「年賀状を刷ったのを一面に並べて写真を載せると、
新年あいさつブログとしていいんじゃないか。」

そう思い立ちましたが、「いや、まてよ。」
と年賀状素材の本の利用規約を見てみると、
”不特定多数への提供は禁止”とあります。
ということで、今回その写真を撮ることは諦めました。
その代りにこの話、というわけです。

ショップを盛り立てるために
画像、動画などを利用することがあるかと思います。
これらを総称して素材と呼ぶことにします。
今回はショップの素材利用についてのお話です。

素材には著作権が存在します。作成した人の権利ですね。
著作権保有者が許可しない限り、
素材を利用することはできません。

まず利用規約を探そう

”無料 素材””無料 イラスト”などのキーワードで
検索すると、いろいろな素材配布、紹介サイトが出てきます。
まずはそれらのサイトの利用規約を探してみましょう。

素材については、素材提供者側が、
利用規定、利用規約(以下まとめて利用規約)という形で
書いてあることがほとんどです。
記載していない場合は、メールで連絡を取って許可をもらうこともあります。

非商用の場合は無料ということも多いのですが、
商用はそもそも利用NG、もしくはある条件下でOK、
有料という場合もあるので注意しましょう。
無料の場合も利用規約にリンクはしてください、と書いてある場合もあります。
利用規約に従って素材を利用するように心掛けましょう。

TopSellerのショップに利用する場合、もしくはブログで利用する場合など
利用用途によって、利用規約の適用が異なる場合があります。
注意深く読んでいきましょう。

最初はとても難しいことが書いてあるような気がしますし、
本当に使っていいのかしら?とドキドキしたりもしますが
そのうちパッと利用規約を見つけて、ササっと対応できるようになります。

画像への直リンクはNG

サーバーに負担がかかるため直リンクで
利用することはまずほとんどの場合NGです。

ダウンロードして利用する、ということを心がけましょう。
「自分はそういうのわからないから。」は通用しません。

厳しい言い方になりますが、利用規約が面倒くさい、
ダウンロードはしたくない、では素材の利用資格はありません。

素材を作った人の気持ちを大切にしよう

素材を作成された方ならわかるかと思いますが
作成には時間や手間が大層かかります。

無料の場合もアフィリエイト収入を期待したり、
リンク効果でSEO上位に行きたかったりと
素材提供をする方の思いは様々です。

黙って利用してしまうのはとても簡単ですが、
それはとても悲しいことです。
法律云々は置いておいたとしても、
手間をかけた素材提供してくれた方の気持ちを
踏みにじるようなことはしないようにしましょう。

印刷物はさらに注意が必要です

TopSellerでショップ運営される方は、
もしかすると購入者の方にパンフレットなどの
販促資料を送付する方もいらっしゃるかもしれません。

印刷媒体の利用規約は、Webのものとは異なる場合があります。
WebはOKだけど、紙媒体は有料という場合もありますので、
気を付けましょう。

時々Web素材を印刷されたものを見かけますが、
ちゃんと承諾取っているのかな~、と時々気になったりもします。

素材提供者に感謝の気持ちを

自分が使ってみたいと思う、良質なコンテンツを提供する方々に最大限の敬意を払い、
コンテンツを利用規約に従って利用する、ということが大前提。

さらに言えば、こういう方たちにコンテンツ作成依頼をしたり
紹介をしてあげたり、といったことをして
「コンテンツを提供してくれてありがとう。」の気持ちを
示せればなおいいですね。

素材配布サイトを少し紹介

”無料 素材””無料 イラスト”等で検索をすると
いろいろ出てきますのでお好みのところを利用していただければいいのですが、
利用させていただいているところの一部をご紹介。

=========== =========== ===========
無料イラスト/春夏秋冬/イラストわんパグ

illust4012thumb

とてもかわいいイラストで、
女性の方で利用されている方をちらほら見かけます。
ショップでの利用もリンクを張ればOKです。
他しっかりさまざまな利用規定が書かれていますから、
利用規定のお手本としても勉強になります。

利用規定
http://www.wanpug.com/kitei.html
=========== =========== ===========
写真素材 足成

a0003_001899

人物素材の表情の多さ、利用シーンの多様さなどから
「あ、これ足成使ってる。」と思う大手サイトも
見かけたりします。
基本的にWeb上で普通に写真を利用する場合は
リンクなしで使える、という太っ腹サイトです。

人物写真には著作権に加えて肖像権もあります。
肖像権については、このサイトの利用規約を読むと
参考になります。

利用規約
http://www.ashinari.com/about/050_agreement/index.php

=========== =========== ===========
ほのぼのキュートな手書き風アップルパイン

usu

力の抜けたほのぼの感がいいですね。
こうやって見ると私はかわいいのが好きなんだな、と
傾向が見透かされそうですが、いいサイトはいいのです。

利用規約はヘッダーメニューの
Sozaiのところに記載されています。
=========== =========== ===========
無料で取り放題.com

sale1_2_l

カートボタンどうしよう?とかQ&Aボタンが、
というときによく利用させていただいております。
商用利用OKというのも嬉しい限りですね。

カスタマイズも請け負ってくれています(有料)

利用規約はトップページに記載されています。
リンクも大歓迎、と書いてあるので利用する際は
是非リンクしてあげて欲しいです。

写真の著作権・肖像権について

日本写真家協会の写真著作権と肖像権についての
詳しい記載があります。へぇ~、と意外に思う記載もありました。
http://www.jps.gr.jp/rights/qa.html

絵画の撮影写真には著作権がないが、彫刻の撮影写真には
著作権が生じる、といった判断は法律が芸術的解釈まで踏み込んだ
判断をしているのだな、と感心させられます。

上記を見つけた理由ですが、
建物を撮影したとき、それをWeb上で載せていいの?
という単純な疑問からです。

建物を撮影した写真を掲載するのはOKで、
ただし商業用に宣伝などで使う場合は著作権者の承諾が必要とのことです。

例えばこういう写真を載せるのはOK、ということですね。
(数年前、パリに行ったときに撮った写真です。また行ってみたい。。)
DSC_0026

Youtubeの動画について

Youtubeに関していえば、共有リンクが取得できるものは
全て利用可能です。

けれども、それを知らずに一生懸命自社用に作ったのが
わかるものもありますね。

ショップ運営仲間との話で、こういったものは使わない方がいいよね、と
いった話が出ましたが、こういう考え方は素敵だと思います。
規約がどうの、というより作った方の思いを考えての意見だな、と。

ライターの視点

無料で届けてくれた思いに「ありがとう。」の気持ちを込めて
素材を利用すればまず間違いは起こらないのでは、と思います。

さて。投稿のペースがかなりスローモーでしたが、
Yahoo!ショッピングが無料になったり、消費税が上がるのが決まったりと
いろいろネットショップを取り巻く環境も変わりつつあります。
今年は助走段階でしたが、来年は本格的にブログを書きますので
TopSeller共々、来年もどうぞよろしくお願いします。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。

あいまいでルーズなショップ運営から脱却しよう:プロジェクトマネージャーが勧めるタスク管理方法

ご存知の方も多いかもしれませんが、
プロジェクトマネジメントという考え方があります。

なんだか難しい横文字が出てきたぞ、と思わないでください。
「さて、何をやろうか?」と行き当たりばったりな
ショップ運営をされている方にはきっとお役にたてていただける情報です。

プロジェクトマネジメントとは

簡単に短くまとめると
ある新規ごと(例えば運動会や、お祭り、サイト構築)を行う時に、
どんなことを誰がどんな予算で、どれくらいの期間で行うか、
そんなことを管理する手法のことです。

なぜここでこんな話を出してきたかというと、
個人や少人数で新しいことに取り組もうとすると、
スケジュールがだらだらと順延してしまったり、
あとで対応漏れがたくさん発見されて公開直前で
徹夜の連続になってしまったりするからです。

プロジェクトマネジメントは、
人をどきどきさせたり、切迫させるものではありません。
人に安心と先の見通しをもたらす素晴らしい管理手法です。

ショップ運営への応用の仕方

ショップ運営に関して言えば、
「今日は何をやろうかなぁ。」という人が多いのではないでしょうか?
今日やることを決めていても、おすすめ商品を見たら、
途端に方針転換、新しいことに取り組んでしまう方も多いでしょう。

スピード感とバイタリティに溢れ、手当たり次第に
何でもこなせる人ならこれでも問題ありません。
「どんどん進んでいくから、管理なんていらないよ。」
ごもっともな話です。そういう方には不要です。

ただショップはたいていの人にとって
1日で構築しきれるものではありません。
1日で構築したとしても、集客などがあるので
やっぱり1日で閉じることはまずないと言ってよいでしょう。

で、あれば今日何をやって、明日何をやる、ということを
しっかり管理する必要が出てきます。

管理をしてない場合、
「え~っと、この次何をするんだっけ?」と言っているうちに
YoutubeやYahoo!ニュースを眺めたりFacebookでいいね!を
押しているうちに一日が終わってしまいます。
こういった無駄な時間がネットビジネスには特に多くあります。
タスク管理をするとこういう無駄も撃退できます。

また闇雲にやたらめったら仕事をしすぎない、という
過労防止にも役に立ちます。
「今日の仕事は終わったから、あとは明日にしよう!」
という風に。
(自営だとついつい無理をしすぎてしまうんですよね。)

1日単位ではなく1週間後、1ヶ月後に何をやろう、
という点が明確であればあるほど実現の確率は高くなります。

逆にあいまいにもやーっと進めていくと
1か月で作るはずのショップが6カ月かかったり、
下手をすると公開出来ずに終わってしまうこともあります。

目的をブレークダウンして「やりたい!」と思ったことを、
実行可能なレベルに落とし込んでいくと
1つ1つやることのハードルが低くなるのでどんどん仕事が進んでいきます。
これがタスク(1つ1つのやること)の管理という考え方です。

例えばTopSellerの場合、
・ショップコンセプトの練り上げ
・ショップ名の決定
・競合調査
・ショップの集客戦略の決定
・・・
というようにやることを明確に定めていきます。

もやーっとするものはもやーっとするものを検討する、
というのもタスクになります。
例えば、
・集客を2倍にする方法について検討する
というように。

自分の思い通りにならないことも

自分だけのスケジュールではどうにもならないところもあります。
ここは要注意です。

例えば、カード決済の導入には、審査があるので
それを待つ必要があります。
待ちの時間が1週間なのか1カ月なのか。
わからない時は大目にとっておくとよいでしょう。

タスクの分け方は人それぞれ

ショップ運営が未知のものであれば、
細かく分ける必要がありますし、
どんどんショップを作っていける人なら
細かいところは決めずに大まかにいけます。

例えば、ブログ集客に初めて取り組む人は
・ブログを選ぶ
・ブログのアカウント登録
・ブログのテンプレートの選択
・ブログのカテゴリ登録
・・・
とかなり細かくやらないと1つ1つのハードルが大きすぎて
挫折をしてしまう可能性があります。

一方でブログに慣れている人は、
・ブログを立ち上げリンクを張る
でよいのです。

ショップの立ち上げは初めてではないのに、
「次は何をやるんだっけ?」と毎回考える人は
1回作っておくと、次回ショップを作る時にも使えるので非常に便利ですよ。

実際にタスク管理をはじめたくなった人に

タスク管理のソフトとしてはWebではGantterが有名です。
gantter

クラウドな感じがいまどきでかっこいいな、と思うので、
こういうのが好きな方は是非使ってみてください。
(高機能で無料です。)
http://www.gantter.com/

ただこのGantter、紙に印刷していろいろ書きこみたい、
という時には少々不便です。

紙に印刷派の人はMSプロジェクトなどもありますが、
個人で利用するのであればエクセルなどのソフトで十分でしょう。
こんな感じでもいいのかな、と。
Excelでタスク管理

タスクの色を変えて、スケジュールを引いてみたり、
終わったタスクを塗りつぶすと、励みにもなりますよ。

もちろん手帳に書いて、出来たものから消しこんでいく、というような
アナログな管理方法でもいいと思います。

タスク管理はここが肝心

とにかくここで大事なのは、一つのプロジェクト(ショップ立ち上げ)に対して
何が必要で、いつ終わらせるか、どれだけ終わっているのかを
きちんと管理しましょう、ということです。
やることだけでなく、スケジュールも管理するのが大切なポイントです。

ショップの立ち上げだけでなく、
・ショップの集客アップを考える、
・ショップの売り上げを30%アップする
などプロジェクトは、それこそアイデア次第で
どんどん出てきます。

タスクを明確にして、しっかり管理することで
より迅速に、漏れのないショップ運営をすることが出来ます。

ライターの視点

手帳の話

今年の手帳は。。と毎回悩んだ挙句に買うのですが
ガントチャートという記法でタスク管理をする手帳が
売っていたので思わず買ってしまいました。
(gantterの表記が手帳に印刷されていると思っていただければ。。)

ところがこのタスク数が少なくて自分の仕事が全部収まらないことに
買ってきてタスクを書きこんだ当日に気がついて。。。

手帳にはいろんな思いを込めようとしますが、
一般的なものがよいようです。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。