新しく楽天ショップオーナーになる店長に知ってほしいGoogleとは一味違う楽天SEOの基本ロジック。

前回に引き続き、去る10月5日に渋谷で行われた
TopSeller活用術セミナーについて前編後編に分けてお伝えしています。

今回は動画の後半部分の45分くらいをコンパクトにまとめます。

TopSellerを用いて商品点数が多い中、どうやって効率的に売るのか、
楽天ショップで商品を上位させて売るためにはどうしたらいいのか、などについてお話します。

ちなみにこのセミナーですが、動画も公開されています。

やっぱり映像で見た方がわかりやすいや、という方は動画をどうぞ。
講師を務めるのは、前回から引き続き竹内謙礼氏です。

まずは前半を読んでから、と思われた方はこちらへ

少ない時間で効率的に上位表示

最少効率の上位表示

・穴場を見つける
・SEOはこだわりだすとキリがない
・上位表示させやすいキーワードを見つける

自分の商品が限られている方は、その商品に付き合って
とことんキーワードで戦う必要があります。
商品点数が多い場合、ライバルがいなそうなキーワードを狙って、
そこで上位を確保します。

SEOは手間と時間がかかり、さらにコロコロとロジックが変わります。
検索キーワードの隙間を狙って短時間で上位を目指しましょう。

商品点数が多い分、
ライバルがいるところで戦わなくて済む、ということです。

上位表示させやすいキーワード改善方法

検索キーワードの改善

”羽根布団”はライバルが多い。
そんな時は、”羽根布団 子供用”で絞り込みます。
さらにもっとピンポイントで”羽根布団 子供用 110cm”となると購入意欲は満々。
キーワードを3つ、4つと増やしていくとライバルが減り、
ターゲットは狭くなりますが、その分、購入する確率は上がります。

キーワードを足す方法のほかにキーワードを変える方法もあります。
”ビーチバレー ネット”を探している人は
実は”ビーチバレー コート”と探したり
どう探していいかわからず”ビーチバレー 網と棒”と探すかもしれません。
同じ商品に対するキーワードを変えてみましょう。

キーワードの絞り込み、変更を工夫することによって、
ブログを書いて被リンクを送るなどの手間がなくなります。

MakeShopを使った自社サイトの場合

自社サイトの場合

自社サイトで売る場合は、Yahoo!やGoogleの検索で売ることが前提です。
MakeShopで作る場合、既存ドメインでネットショップ作成がおすすめ。
今保有しているサイトに商品を増やしていきましょう。

穴場のキーワードを見つける方法として、
グッドキーワードツールを利用してみます。

”布団 干す”が出てきたら、
布団を干す時のグッズがあれば紹介、などキーワードに沿った商品を展開しましょう。

SEOチェキで自分の検索順位がわかります。
微調整をかけて上に上げていきましょう。

基本的なSEO対策として
タイトルタグとテキスト文に検索キーワードを意識して入れていきます。

検索エンジンを使って検索をするときは、
”調べている” ”購入する”
の両方を意識しているものは売れやすい感じがします。
(反面、楽天市場などのモールでは買う気満々。ストレートなキーワードがよい。)

電子タバコ(薬事法で売りづらくなっていますが)の場合、
Yahoo!、Googleの検索が楽天より売れていました。
電子タバコって何だろう?と調べているからでしょう。

”それって何なの?”は検索で売れます。
調べている感覚で探される商材を選ぶとよいと思います。

また省略語、業界用語、型番などもキーワード候補となります。
ゴキブリホイホイ->ゴキホイ
ヒルナンデスで売っていたコラーゲン->ヒルナンデス コラーゲン
など。
商品番号で検索をする場合もあります。

検索結果最上位にこだわらない

検索上位は売れる

キーワード広告は1位を狙うべき、という説が崩れつつあります。
お客様が検索慣れしてきたため、すぐには買わず比較をするからです。
だからキーワード広告はプレミアムゾーンを無理して取らなくても大丈夫。
SEOでも無理して1位~3位を目指さなくてもOKです。
どちらもそこそこの上位を目指しましょう。

楽天市場攻略法

楽天市場の場合

ショッピングモールは購入意欲満々のお客さんが検索します。
ここが検索エンジンで商品を探すお客さんと違うところ。
テンションが高いので、出せば売れる、にはまりやすいのです。

広告を使うリスクは追わず、楽天内での検索結果で上位を目指しましょう。
広告費がかかりませんし、結構下のほうで表示されていても売れることがあります。

楽天SEO

楽天市場のSEO対策

売る商品は粗利率をチェックしましょう。
経費も考えて、家賃(システム利用料)+手数料を考慮して10%以上のものを選びます。

そうなると商品点数が絞り込まれていきますが、
商品点数10万点を維持するなら、値上げをして維持する方法もあります。

「値上げすると売れないのでは?」という話もありますが、
法人需要が動いたりもします。安すぎるものを買うと怖い、という心理や、
会社で買う時に個人のポイントを貯めるためにわざと高い店で買う、という場合もあります。

価格.comも最安値から3番目くらいが売れたりするそうです。
価格を上げることによって売れ始める商品もあります。

検索順位を決めるのは?

ほぼレビュー数で決まる

商品の感想が多ければ多いほど基本、上に行く傾向があります。
(たまにイレギュラーなものもあります。)

また、商品名にお客さんの検索するキーワードが入っている方が上位表示されやすい傾向があります。
商品名が長い商品が多いのは検索で引っかかろうとするためのものです。

楽天内で色が変わっているところは広告ですが、
基本、あまり手を付けないでもいいでしょう。
楽天で入っている人は、広告をあまり見ないのではないでしょうか。

Google,Yahoo!は早く買いたい人は広告をクリックしますが、
楽天はそうはならないようです。

楽天SEOの基本ロジック

楽天SEOの基本ロジック
レビュー数は数だけでなく、5段階の質の評価も加味されます。
楽天ショップのほうが商品名にキーワードをあまり意識していない人が多いので、
キーワードを意識した商品名が効きます。

細かいロジックは常に変化していますが、基本的な3つの部分は押さえておきましょう。

レビュー数では戦わない。

レビュー数対策
レビュー数が多い商品で戦わないようにしましょう。
1ページ目の最後でも200,300のレビューのあるキーワードは避けてください。
レビュー数の多い商品は売りにくいのです。

レビュー数を増やす対策をするのも一案ですが増やすのは想像以上に大変です。
10万点を売っていくために手間のかかることは出来るだけしないようにしましょう。

レビュー数が少ないのに上位表示している競合商品がたまにあります。
そういったライバルはチェックをしましょう。
カテゴリーの登録の仕方、商品名の入れ方などに工夫を凝らしている場合があり、
研究をすることで、レビュー数が少ないのに上位表示をさせるヒントが得られます。

商品カテゴリーは検索順位に影響するか?

商品カテゴリーの変更
カテゴリーさえ変えればライバルが減ることもあります。
例えば同じ「ワンピース」でも、カテゴリー登録の仕方で順位が上下する可能性があります。

商品名はずばりストレートに迫る

商品名はストレートなキーワードで
激安感を表したり、打ち間違えもフォローしましょう。
ブランドものは英文字で効果のあることもあります。

出来るだけ少ないキーワードで、狙っているキーワードが
前に来ているほうが上位に来る傾向があります。

店舗名を工夫する

店舗名に一工夫
店舗名で安さを演出したり、店舗名に検索キーワードを入れましょう。

10万点だとキーワードを絞れませんが、”安い”コンセプトで売っていきます。
店舗名で安そうなところを選ぶお客様もいそうです。
逆に、値段を高く売りたい場合は高級感がある名前を選びましょう。

もっと売るための工夫

売れるための工夫
出荷風景、スタッフ写真等は積極的に利用しましょう。
またお客様の安心感を配るキャッチコピーを入れていきます。
(売れています、人気です等)

競合商品に比べての優位性をアピールしましょう。
自分のショップの商品が他より優れいているかをしっかり入れこんでいきます。
他の商品に置き換えられるキャッチコピーは避けましょう。

売ったら、さらに売る

売れ始めた商品をさらに売る
すでにドロップシッピングでよく売れている商品を探してみましょう。

商品を探してSEOを調整することで、
売れてる商品がさらに売れるようになります。

TopSellerはこんなメリットも

その他のTopSellerのメリット
ショップ全体の集客数が増えて、回遊性も上がるので自社商品も売れ始めます。
商品点数制限MAXに達していない方は、MAXの商品点数で運営しましょう。
ノーリスクなので人材の教育になります。
検索エンジンのロジック変更のリスク回避にもなります。
またセールにも便乗出来るようになります。

TopSellerよくある質問

TopSellerよくある質問
1.在庫は1時間置きに更新されます。
2.メールでトップセラーに問い合わせてください。
3.返品、返金対応OKです。
4.ネットショップ全般に大して言えるものです。
  今更じたばたするところではありませんし、
  参入障壁が低い分、商品点数を多く扱ってリスク分散をしましょう。

総論

総論
商品点数を絞り込むのはリスクなので
お金をかけずに時間と手間をかけましょう。

売れない商品から売れる商品に育てていきます。
キーワードと視点をずらすことが有効です。

商品1点あたりに狙えるキーワードは100キーワード
10万点で1千万通りの売り方があります。
まだまだ売り方は広がっていくでしょう。

もっとネットショップ運営方法を学びたい方へ

竹内商売繁盛研究会
講師を務めた竹内謙礼氏の運営する竹内商売繁盛研究会です。
直接竹内氏本人が指導するのが売りとなっています。

ライターの視点

楽天内SEOについてはあまり気にしたことがありませんが、
独特の手法があるんですね。
楽天でショップ開店を検討している方は是非試してみてください。

ドロップシッピングの場合、売るためにはSEOを押さえる、というのが
初心者の方にも要求されるノウハウとなってきていますが、
SEOを意識したショップを作って、リンクも張って、とやっていると
在庫が切れたり、シーズンを逃したりすることもよくあります。

ここが時間がかかってもどかしい。。。と思っている方は
TopSellerのようなビジネスが向いているかもしれません。
(両方面倒だ、という人は論外ですけども。)

一方で、いかにライバルのいないキーワードを狙っていくか、は
ドロップシッピング、TopSeller共通で意識したいところです。

おそらくですが、GoogleのSEOをある程度分かっている人が、
楽天SEOを意識して行えば、そこそこいけるのではないか、と。
楽天の中のほうがSEOとしての競争がゆるそうな気もしますので、
そこを狙っていくのはショップ運営として妙味ありだな、と思いました。

TopSeller、ドロップシッピング問わず、
SEO対策を失敗しても、即座に次に行けるのが、
在庫をもたないビジネスモデルの強みです。

ロバートキヨサキが、
「10種類のビジネスを起こして、1つ当たる、と聞いたら10種類やるだけだ。」
と言っていたのを思い出しました。

10万点勝負での勝率は十分あると思います。

宮川 洋(みやがわ ひろし)
もしも大学認定公認講師、もしもビギナーズ倶楽部(ドロップシッピング全国セミナー実施回数3年連続No.1。)
NPO法人ドロップシッピングコモンズ、NPO法人プロジェクトマネジメントインキュベーション協会
東京商工会議所情報部会所属、米国PMI認定PMP(Project Management Professional)ホルダー
個人、中小企業の商売繁盛のお手伝いをする傍ら、ネット動画配信に関しての本を只今執筆中。